フルハイビジョン1920×1080p対応のマルチメディアHDレコーダー HD-VR500GIP2を発売

ランサーリンク株式会社 2010年03月08日

HD-VR500GIP2はデジタルビデオ入力のDVI/HDMIによる1920×1080フルハイビジョンに対応。またSビデオやRCAもそれぞれ同時に入力をサポートします。出力はVGAとインターネットやLANを使用してWEBブラウザで映像を閲覧することが可能です。低ビットレート、低レイテンシーが実現したマルチメディアデジタルレコーダーです。主な使用方法は、プレゼンテーションのためのレコーダーや重要な会議の映像記録、教育用コンテンツの作成として利用できます。PIP機能やPOP機能があるため多様な目的で使用することが可能です。

特徴
●WEBブラウザからの出力はHDビデオ信号の720p/1080i/1080pを30フレームのエンコーディング対応
●VGA出力はPC信号の最大1400×1050を30フレームのエンコーディング対応
●AAC-LCの音声エンコーディングアルゴリズムによる44.1Khz/48Khzで32Kから256Kの帯域に対応
●音声マイク入力搭載
●シリアルポートでのコントロール対応
●英語表示のOSD(日本語未対応)
●PIP機能やPOP機能の様々なディスプレイモード対応
●WEBインターフェース、フロントパネル、RS-232シリアルインターフェース、サードパーティコントローラー(AMX、Crestronなど)を使用して操作可能
●ASFファイルフォーマットにエンコード(自動的に1Gbのファイルに分割されます)
●500GBの大量用のハードディスク搭載
仕様
ビデオ解像度:HDモニター:720p、1080i、1080p、(WEBブラウザ径由)
PCモニター:640×480、800×600、1024×768、1280×1024
フレームレート:1~30フレーム/秒
映像入力:DVI-I、RCAコンポジット、S-ビデオ
音声入力:RCA アナログL/Rオーディオ、1/4インチTRSオーディオ
出力:D-sub15ピンVGA端子
ネットワークインターフェース:10/100/1000Mbps Ethernetインターフェース(RJ45)
コントロールインターフェース:WEBブラウザインターフェース、フロントパネル、RS-232シリアルインターフェース、サードパーティコントローラー(AMX、Crestronなど)
ビデオビットレート:128Kbps~20,000Kbps
アクセスコントロール:認証型のマルチレベルユーザーアクセス対応
大きさmm:350(L)×270(W)×60(H)
重量:4.5Kg
パワー:AC100-240V
オンラインプレビュー:HD-VR500GIP2:2人まで HDVR500GIP10:10人まで
JAN:4562244690097

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ランサーリンク株式会社の関連情報

ランサーリンク株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]