中国の新ポリシリコン生産プラントが、Poly Plant Project社の最先端加工技術及び関連機器を使用

JCN株式会社 2010年03月24日

Leshan, China, Mar 24, 2010 - (JCN Newswire) - Ledian Tianwei Silicon Technology Co. Ltd. (楽山楽電天威硅業科技有限責任公司)は、中国四川省楽山市のポリシリコン生産プラントの操業をつつがなく開始しました。プラントでは現在、ソーラー業界向けセルおよびモジュールの製造や、電子産業業界向けウエハーの製造に使用される高純度ポリシリコンを生産中です。

Leshan, China, Mar 24, 2010 - (JCN Newswire) - Ledian Tianwei Silicon Technology Co. Ltd. (楽山楽電天威硅業科技有限責任公司)は、中国四川省楽山市のポリシリコン生産プラントの操業をつつがなく開始しました。プラントでは現在、ソーラー業界向けセルおよびモジュールの製造や、電子産業業界向けウエハーの製造に使用される高純度ポリシリコンを生産中です。

Ledian Tianwei Silicon Technology社は、Poly Plant Project社と契約し、PPP社の加工技術と関連機器を購入しました。このパッケージには、Ledian社のポリシリコン生産プラントにおける高純度ポリシリコン製造のための最先端真空反応釜(CVDリアクタ)、四塩化ケイ素(STC)をリサイクルして三塩化ケイ素(TCS)へ変換するための熱変換器、圧力容器電源システム、付属設備、オペレータ、安全指導などが網羅されています。

「Poly Plant Project社の36-L反応釜は、36ロッド(18組)CVD反応釜におけるポリシリコン出力、生産能力、生産効率の高さで市場をリードしています。」と、PPP社社長 Jesse Chen (Dr.)は述べました。「PPP社の技術者は、独自の36-L CVD反応釜を開発し、高純度ポリシリコンの最低年間生産量200トン(MTY)を達成しました。モデル36-Lおよび新型大容量モデル54-R 54ロッド反応釜は、現在入手可能なものの中で最も先端を行く高率ポリシリコン漂着釜です。PPP社の36および54ロッド反応釜は、ポリシリコン生産効率では随一でありながらポリシリコン生産1キロあたりの消費電力は最小です。

Poly Plant Project社が関連機器搬入及び設置の迅速化を可能にした結果、Ledian社のプラントはスケジュールを前倒しして5か月早く完成しました。機器は2009年8月に稼動を開始し、9月にはプラントが生産を開始しました。すべてのCVD反応釜が稼動中であり、現在同社では高純度ソーラーグレードおよびエレクトロニクスグレードのポリシリコンを、年間1500トンの割合で生産しています。これは、プラントの年間最高生産能力3000トンの約50%に当たります。

Ledian Tianwei Silicon Technology社は、PPPの最先端STC-TCS熱変換器、変換器電源、黒鉛元素並びに付属機器を使用しています。STC-TCS熱変換器は、プラント内でのポリシリコン漂着/生産工程で作られた排ガスを回収してリサイクルする工程において、重要な役割を果たす機器です。Ledian社プラントでは、一回あたりの四塩化ケイ素から三塩化ケイ素への変換率20%以上という高い効率で、PPP社の熱変換器を運転しています。

「PPP社のCVD反応釜、熱変換器、電源装置は、消費電力を最小限に抑える事により、プラント所有者が可能な限り運用コストを削減し、生産されたポリシリコン1キロあたりのコストを最小限にしながら、安全で効果的な運転ができるように設計されています。」と、Poly Plant Project社会長兼CEOのTerry T. Kunimuneは述べました。「これらは、たいへん汎用性の高い圧力容器設計で、高出力CVD反応釜または高効率熱変換器のどちらにも使用できます。PPP社が特許を保有する黒鉛チャック、電極、直接温度制御、オペレーターの現場派遣、安全指導などにより、お客様は、生産開始の最初の段階から安全かつ安定した継続的操作段階に至るまでを最短の時間で習得できます。PPP社の機器・技術・及びトレーニングのフルパッケージにより優秀な専門家チームが実現したため、Ledian社プラントが予定より早くポリシリコン生産を開始できたのは当然のことです。Ledian社は成功を続け、生産を拡大し、最終的にはプラントの最大生産力を超えていくことでしょう。」

Poly Plant Project, Inc. (PPP)について
Poly Plant Project (PPP)社は、太陽電池業界および半導体業界向けに、先進的な世界クラスのポリシリコン生産のための方法を提供しています。モジュラーパッケージからプラント全体まで、PPP社の顧客のニーズに応じた手作りのノウハウは、世界クラスの高純度ポリシリコン生産プラントの設計・建設・運用に必要な、最先端且つ実績ある加工技術、エンジニアリング、設備、現場サービスなどを網羅しています。
PPP社は、ポリシリコン生産プラント向けの包括的で独自の加工技術と機器パッケージを提供しています。PPP社の最先端高出力真空反応釜(CVDリアクタ)は、消費電力を最小化しつつ安全で効率的に操業できるように設計されています。高出力CVD反応釜以外のPPP-Eの関連機器パッケージには、先進技術STC-TCS熱変換器、適合電源装置、変圧器、付属品の他、オペレータの現場派遣、安全指導さらには立ち上げ時のサポートなどがあります。

PPP社は、お客様が高率が良く、信頼性の高いポリプラントを建設、且つ安全に操業する事を可能にし、それが魅力ある設備投資と最小限の運用コストをもたらしています。PPPは操業コストの削減に尽力していますので、ポリプラント所有者と投資家の皆様は、低コストのポリシリコンの生産を継続的かつ安全で信頼性の高い方法で行うことによって、利益を最大限に伸ばすことができます。

PPPのスローガンは、「ポリシリコン生産の最先端ソリューション。太陽光業界は、我々から始まる。」です。Poly Plant Project社の世界本社は米国カリフォルニア州バーバンクにあります。詳しい情報は、 www.PolyPlantProject.com をご覧ください。

Leshan Ledian Tianwei Silicon-Tech Co., Ltd.について
Ledian Tianwei Silicon Technology Co. Ltd.(楽山楽電天威硅業科技有限責任公司)は、中国楽山市のハイテク地区にあります。同社は、中国楽山市のLeshan Electric Power Co. Ltd.(楽山電力公司)と、中国保定市のTianwei Baobian Electric Co. Ltd.(保定転移保変電気公司)の合弁会社です。このプロジェクトの敷地面積は約3300万平方メートルで、総投資額は約22億元(約3.14億米ドル)です。Leshan Electric Power社は株の51%、Tianwei Baobian Electric社は49%を保有しています。

お問合せ先:
Dan Feinberg
Poly Plant Project, Inc. (PPP)
+1-818-848-2111
dfeinberg@polyplantproject.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

JCN株式会社の関連情報

JCN株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]