エンタープライズ向けWeb CMSはSSOと連携が必要条件2

FatWire株式会社 2010年05月17日

エンタープライズ向けWeb CMSはSSOと連携が必要条件2


「エンタープライズ向けWeb CMS」はWebサイトを通じ顧客エクスペリエンスを高めるだけでなく、イントラネットを通じ社員、ビジネスパートナーにも、商品・サービス情報などを的確に伝える必要があります。エンタープライズの社員は数千、数万人が複数のアプリケーションを、複数の権限で利用します。SSO(シングル・サインオン)は複数のアプリケーションをひとつのアクセスで利用でき、セキュリティーを高める重要なツールです。「エンタープライズ向けWeb CMS」はSSOと連動しセキュアな環境下で適切なコンテンツの閲覧、作成ができなければなりません。


「エンタープライズ向けWeb CMS」はコーポレートWebのみでの活用でなく、SSOを通じイントラネットで活用できてこそ、組織力を向上するツールになるのです。逆にBtoCにもBtoEにもセキュアに共通基盤として活用できなければ「エンタープライズ向けWeb CMS」と呼べません。もし、BtoCしかできないCMS、あるいはBtoEしかできないCMSがあったとすると、それはエンタープライズでの使用を考慮していないため、限定された部門の問題解決にしかならないCMSです。それを「エンタープライズ向けWeb CMS」と考え、利用拡張することは「最初のボタンの掛け違い」を「はっきりとさせるだけ」のことで、得策ではありません。


「エンタープライズ向けWeb CMS」は、先にBtoCから行うか、BtoEから行うかはそれぞれの都合で決めれば良いのです。


数万人規模の国内外のグローバル企業でSSOと連携しFatWire Web CMSは活躍中です。



※HP IceWall SSOとFatWire CMSが連携
  (リンク »)


※イントラネットCMSとは
  (リンク »)


※イントラネットCMS PDF資料Download
  (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

FatWire株式会社の関連情報

FatWire株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。