クラレの人工皮革<クラリーノ>環境対応型無溶剤タイプが近鉄2階建て特急車両「ビスタカー30000系」階下席のソファーシートに採用

JCN株式会社 2010年06月07日

Tokyo, June 7, 2010 - (JCN Newswire) - 株式会社クラレ(TSE:3405)は、このほど、近畿日本鉄道株式会社(TSE:9041)の2階建て特急車両「ビスタカー30000系」階下席のソファーシートに、人工皮革<クラリーノ>環境対応型無溶剤タイプが採用されましたのでお知らせします。

Tokyo, June 7, 2010 - (JCN Newswire) - 株式会社クラレ(TSE:3405)は、このほど、近畿日本鉄道株式会社(TSE:9041)の2階建て特急車両「ビスタカー30000系」階下席のソファーシートに、人工皮革<クラリーノ>環境対応型無溶剤タイプが採用されましたのでお知らせします。


■人工皮革<クラリーノ>環境対応型無溶剤タイプとは
- 当社が業界に先駆けて開発した環境対応型人工皮革の新生産システム「Clarino Advanced Technology Systems」で製造(生産拠点:(株)クラレ岡山事業所 岡山市南区)
- 製造工程中に有機溶剤を使用しないため、VOC(Volatile Organic Compounds=揮発性有機化合物)を99%以上削減できる(当社従来品比)
- 製造工程を最短で約1/5に短縮化、CO2を約35%、排水量を約70%削減できる(当社従来品比)
- 天然皮革により近い質感・充実感・優美な外観が表現できる


今回採用された人工皮革<クラリーノ>環境対応型無溶剤タイプは、「高発色で洗練された色合い」、「ソフトで上質な肌触り」などの素材特長が評価されました。<クラリーノ>は、「ビスタカー30000系」の新しい客室を華やかに演出し、快適な鉄道の旅をサポートします。当社は、今後ともユーザーとの取り組みを強化し、製品開発、マーケット開拓を加速させてまいります。


■「ビスタカー30000系」について
人工皮革<クラリーノ>環境対応型無溶剤タイプが採用された「ビスタカー30000系(1編成4両)」(大阪~伊勢方面)の階下席は、伊勢志摩から連想される海と、デッキ部から階段を下って入る船室のイメージから、ヨットのキャビンをテーマとしたデザインとなっています。


詳細は下記URLをご参照ください。
(リンク »)


概要: 株式会社クラレ
詳細は、 (リンク ») をご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

JCN株式会社の関連情報

JCN株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]