セシオスの統合ID管理ソリューションがSalesforceに対応

株式会社セシオス 2010年07月27日

株式会社セシオス(本社:東京都文京区、代表取締役:関口 薫)は本日、当社の統合ID管理ソリューションSecioss Identity ManagerがSalesforceに対応したことを発表します。  

Secioss Identity Managerは、オープンソース・ソフトウェアを活用することにより、低コストでの統合ID管理環境構築を可能としています。

本製品では、LDAPサーバ、Active Directory等の社内システムのIDとSalesforceのIDを自動的に同期することにより、別々に管理されていたIDを統合します。その結果、セキュリティの強化、ID管理コストの削減を行うことができます。
また、当社のシングルサインオンソリューションSecioss Access Managerを組み合わせることで、社内システムとSalesforce間のシングルサインオンも可能となり、認証の統合も行うことができます。

セシオスでは、今後もクラウド環境やSaaS型サービスへの対応を強化していきます。
 

用語解説

Salesforceは、salesforce.com社が提供するSaaS型CRMソリューションサービスです。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社セシオスの関連情報

株式会社セシオス

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]