世界のWiMAX市場

株式会社データリソース 2010年09月06日

インフラ、デバイス、加入者数

WiMAXは、802.16d(802.16-2004)から802.16e(802.16e-2005)までの規格化や基本的な変化など、何年もの開発の期間にわたって困難が続いてきた。間もなく公認される新しいバージョンの802.16mは、重要な規格となるだろう。最近、WiMAXの弾力性とその利点が分かってきた。この調査レポートは、WiMAX市場全体を調査し、2009年初めからの市場の進捗と、打ち勝ってきた課題、今後の可能性を記載している。インフラ、基地局ベンダ、CPE出荷数、カバーする人口区分、収益などを記載している。

【調査レポート】
世界のWiMAX市場:インフラ、デバイス、加入者数
WiMAX
Global Markets for Infrastructure, Devices, and Subscribers
(リンク »)

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]