ちょびリッチ、ソーシャルアプリ「農場パラダイス+」提供開始!

株式会社ちょびリッチ 2010年09月17日

From PR News

ポイントサービスサイト「ちょびリッチ  (リンク »)  」を運営する株式会社ちょびリッチ(所在地:東京都杉並区 代表取締役社長:齋藤 利春)は、2010年9月16日、ソーシャルアプリの提供を行うACCESSPORT(アクセスポート)株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:沈 海寅、翁 永飆 以下、ACCESSPORT)から育成ゲーム「農場パラダイス+(プラス)」の提供を受け、ちょびリッチが運営する「ちょびリッチオンラインゲーム」にてサービスを開始しました。

本サービスは、本年8月に設立したインターネットメディアアプリプラットフォーム「aima(あいま)  (リンク »)  」を活用した最初のアプリとなります。アプリは順次追加され、年内には11タイトルを投入していく予定です。(予定アプリ「おいしい牧場」「ハッピーキャリア」「ビジネスライフ」「街をつくってキュービッツ」「幸福農場」「島づくり(仮称)」など)また今後は、ちょびリッチポイントを使ってアイテム決済が可能になります。


「農場パラダイス」とは
野菜や果物の栽培、動物の飼育、都会では味わえない自給自足的な生活を楽しむアプリです。ソーシャルアプリの特徴を活かし、友人の農場に遊びに行ったり、コメントをしたり、いたずらをしてみたりと、他の農場との交流を通じて自身の農場を成長、活性化させることができます。また、これまでの農場系ゲームにはみられなかった新要素、「加工場」「階級」「ラッキーオプション」「クエスト」などを、通常の育成にプラスして盛り込まれています。「農場パラダイス」は、既にmixiアプリで運営し、「mixiアプリアワード ユーザー賞」を受賞するなど、30万人を超えるユーザーから高い評価をいただいています。

「aima(あいま)」とは
インターネットメディア各社が共同でアプリサービスを展開するメディアの連合体で運営するソーシャルアプリプラットフォームです。メディア各社は自社サービスの独自性を維持しながら、ACCESSPORTが提供するプラットフォームのコア技術を「aima」にて共通化して利用することができます。現在メディア各社合計で、6000万人以上の潜在ユーザーを保有しています。

「ちょびリッチ」とは
20代・30代の男女を中心に約135万人の会員と月間の総ページビュー約1億3000万PVを有する国内最大級のポイントサービスサイトです。また、「ちょびリッチ」が提供する“ポイントサービス”とは、ちょびリッチユーザーが「ちょびリッチ」を経由し提携サイトでショッピングや各種サービスのお申込みなどを行うことで、提携サイトが発行するポイントとは別に、ちょびリッチが発行する独自のポイント「ちょびリッチポイント」を貯めることができるサービスです。貯めたポイントは現金や各種電子マネー、ギフト券などに交換することができます。


<会社概要>
■株式会社ちょびリッチ
【代表者】齋藤 利春
【資本金】6,570万円
【設立】2004年8月
【運営媒体】
ちょびリッチ。 (リンク »)
ちょびリッチモバイル  (リンク »)
※携帯端末からアクセスしてください
【事業内容】
インターネットメディア「ちょびリッチ」の運営
Webサイト構築の総合コンサルティング、製作、管理、広告代理事業

■ACCESSPORT株式会社
【代表者】沈 海寅(しん かいいん)、翁 永飆(おう えいひょう)
【資本金】5億1千2万円(資本準備金含む)
【設立】2006年7月
【URL】 (リンク »)

PR Newsリリース詳細ページ (リンク »)
提供元:PR News (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ちょびリッチの関連情報

株式会社ちょびリッチ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]