編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

仮想化ソリューションVMware対応の統合災害対策ソリューション「Veeam Backup & Replication」Version 5を販売開始

株式会社クライム

2010-11-01 12:00

株式会社クライム(東京都中央区)は米国ソフトウェア会社Veeam Software(オハイオ州コロンバス市)が開発した仮想化ソリューションVMware に対応する統合災害対策ソリューションである「Veeam Backup & Replication」Version 5を本日11月1日より発売することを発表しました。このバージョンは2009年にリリースされたVersion 4の後継となります。
Veeam Backup & Replication Version 5 はVMware ESX(i)上で稼動する仮想マシン(VM)のバックアップとレプリケーションの2つの機能を1つのパッケージとして提供し、さらに「vPower」と呼ぶ新技術・機能が提供されています。この新技術を使用することでVeeam Backup & Replication 5.0は通常のバックアップ・ストレージ上の圧縮と重複排除されたファイルから直接仮想マシン(VM)を実行できます。これによりバックアップからVMを直接にリカバリし、仮想アプリケーションから個別のオブジェクト(Eメール・メッセージ、データベース・レコードなど)をリストアし、追加のハードウェアや人員を配置することなくすべてのバックアップの復元性を自動的に検証することができます。また、この技術により企業はトラブルシュート、テスト、開発/QA用の「On-demand sandbox」を作成するためのバックアップを使用して、バックアップ・ストレージに対する投資からの付加価値を得ることができます。

vPower技術として以下の新機能がリリース提供されています。

1. Instant VM Recovery : 圧縮され、デ・デュプリケート(重複排除)されたバックアップファイルから仮想マシン(VM)を実行が可能

2. Universal Application-Item Recovery(U-AIR): 仮想化されたどのアプリケーションやOSからでもオブジェクトレベルのリカバリを実現

3. SureBackup Recovery Verification : すべてのバックアップの有効性を検証する。隔離された環境でVMを作成し、それをバックアップファイルから直接実行することにより、VMを起動し、OSをブートして、すべてが通常通り動作しているかどうかを検証

3. On-Demand Sandbox : テスト、トレーニング、あるいはトラブルシューティングの目的でサンドボックス化された環境のバックアップファイルからVMを実行が可能

注:Sandbox(サンドボックス):保護された領域内でプログラムを動作させることで、その外へ悪影響が及ぶのを防止するセキュリティモデル

5. Instant File-Level Recovery : ポイントインタイム・バックアップをVMにマウントすることで、VM全体もしくは個々のファイルを同じイメージレベルのバックアップからリカバリが可能

その他の強化点として以下の項目があります。
ゲスト・ファイルシステムのインデックス化
アプリケーション認識イメージ処理  等


■ 構成:
● Veeam Backup & Replication Satndard Edition: 基本エディション
● Veeam Backup & Replication Enterprise Edition: Satndard Edition に「Universal Application-Item Recovery(U-AIR)」と「On-Demand Sandbox」 機能を付加したエディション

■ 価格:オープン
市場予想価格(税別):
Veeam Backup & Replication Satndard Edition:
98,000円/CPU(6コアまで) ソケット
Veeam Backup & Replication Enterprise Edition:
147,000円/CPU(6コアまで)ソケット


■ 弊社ホームページ( (リンク ») )で評価版のダウンロードサービスも開始中です。

□ お問い合わせ先:
(株)クライム
ソフトウェア事業部
TEL:03-3660-9336 FAX:03-3660-9337
Email: soft@climb.co.jp
(リンク »)

□ 株式会社クライムについて
株式会社クライムは1984年に設立され、VMware Professional Partnerとして仮想化構築サービス、関連ソフトウェア販売サポート、アプリケーション開発、アウトソーシング・サービスをユーザに提供しています。

□ Veeam Softwareについて
2006年に設立されたVeeamはVMware Technology Alliance Premier Partnerとしてバーチャル・インフラストラクチャに対する先端のシステム管理ソフトウェアを提供し続けてきました。本社は米国オハイオ州コロンバス市に所在します。

このプレスリリースの付帯情報

Recovery_option

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社クライムの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]