編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

リテラ・クレア証券、11月29日より次世代FX取引システムの提供を開始

リテラ・クレア証券株式会社

From: DreamNews

2010-11-01 15:00

新システムの特徴は、1秒程度の値洗いスピードにみられる高速な約定処理能力を有し、 取引操作性及びスピードに特化しております。またチャート発注機能はもちろんプロ向けディーリングツールに匹敵するリッチクライアントや初心者でも操作がしやすいWEB(ブラウザ版)やモバイル(携帯電話)とお客様の取引スタンスに合わせ3つのチャネルをご用意しており来春にはスマートフォンの iPhoneFX専用アプリを導入予定でございます。
報道関係者各位
プレスリリース
2010年11月1日
リテラ・クレア証券株式会社

リテラ・クレア証券、11月29日より次世代FX取引システムの提供を開始

リテラ・クレア証券株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長 鈴木忠宏)は、
東京金融取引所(くりっく365)取引において幅広いお客様により良い投資環境をご提供すべく2010年11月29日より次世代FX取引システムの提供を開始いたします。

新システムは、株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ,本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木幸一、コード番号:3774 東証第一部)が開発したFX取引システム「IIJ Raptor(ラプター)サービス」を採用。卓越した技術力・開発力を武器に従来のくりっく365システムベンダーとはコンセプト・設計段階から全く異なる取引システムです。

新システムの特徴は、1秒程度の値洗いスピードにみられる高速な約定処理能力を有し、 取引操作性及びスピードに特化しております。またチャート発注機能はもちろんプロ向けディーリングツールに匹敵するリッチクライアントや初心者でも操作がしやすいWEB(ブラウザ版)やモバイル(携帯電話)とお客様の取引スタンスに合わせ3つのチャネルをご用意しており来春にはスマートフォンの iPhoneFX専用アプリを導入予定でございます。

また新システム導入を記念して、新規のお客様を対象にキャンペーンを予定しております。詳細が決定次第HPに掲載致しますのでご確認下さい。

(弊社HP)
(リンク »)

(FX取引画面イメージリンク)
(リンク »)

【会社概要】
会社名:リテラ・クレア証券株式会社
資本金:37億9,434万円
設立 :昭和22年
代表取締役社長:鈴木忠宏
本社所在地:東京都中央区日本橋茅場町1-6-11
TEL : 03-3667-4411 (代表)
URL : (リンク »)
登録番号:関東財務局長(金商)第199号
業務内容:金融商品取引業(第一種・第二種金融商品取引業)
加入協会:日本証券業協会、 社団法人金融先物取引業協会


【本件に関するお問合せ先】
リテラ・クレア証券株式会社 インターネット企画部  担当 南、内田、渡邊
TEL 03-3667-4479  E-mail info@retela.co.jp

◆ 投資に際してのご留意点等

投資に際しては、契約締結前交付書面等をよくお読みいただき、商品・取引の仕組みや
リスクを十分にご理解の上、ご本人の判断と責任においてお取引下さい。

【取引所為替証拠金取引について】

・ 為替証拠金取引の価格は、為替の変動および通貨ペア間の金利差に影響を受け
損失が生じる恐れがあります。また、その損失が、預託した証拠金の額を上回る恐れがあります。
・ 外貨間取引は、対象通貨の対円相場の変動により決済時の証拠金授受の額が増減する可能性があります。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]