編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

◆◆ 「e-Learning Conference 2010 Winter」開催のご案内 ◆◆(日本イーラーニングコンソシアム)

特定非営利活動法人日本イーラーニングコンソシアム

2010-11-11 14:00

 ◆◆ 「e-Learning Conference 2010 Winter」開催のご案内 ◆◆

日本イーラーニングコンソシアム(eLC)では、eラーニング導入、普及、展開を目的として
「e-LearningConference」を年に2回開催しております。
この度、12月6日(月)~ 12月7日(火)の2日間、「Learning Square 新橋」にて
「e-Learning Conference 2010 Winter」を開催いたします。

皆様のご参加をお待ちしております。


■開催日時:2010年12月6日(月)~ 12月7日(火) 13:00-16:20
      ※両日とも基調講演は 11:00-12:00

■会場:「Learning Square 新橋」6階 会議室
    東京都港区新橋4-21-3 新橋東急ビル
(リンク »)

■交通:JR「新橋駅」烏森口から徒歩2分
都営浅草線「新橋駅」A1出口から徒歩2分
東京メトロ銀座線「新橋駅」4番出口から徒歩3分

■主催:特定非営利活動法人日本イーラーニングコンソシアム

■参加対象:教育システム開発担当者・教育コンテンツ開発担当者・企業内教育担当者
      教育サービス提供者・教育機関・研究機関など

■開催主旨:

 日本イーラーニングコンソシアム(eLC)では、eラーニング導入、普及、展開を目的として
 「e-LearningConference」を年に2回開催しております。今回のカンファレンスでは、
 毎回ご好評をいただいております「インストラクショナルデザイン」「SCORM」などのテーマに
加え、「モバイル&ソーシャルラーニング」など、次世代のラーニングサービスのあり方を、
 第一線でご活躍の方々を講師にお迎えし最新の情報をお話ししていただきます。
 また、無料でご参加いただける基調講演は「インフォーマルラーニング」、ならびに
 エヌ・ティティ・ドコモ様によるスマートフォン「アンドロイドの可能性」がテーマとなっています。
 是非、このカンファレンスにご参加いただき、自社のe-ラーニングの導入、活用、展開への
 参考にしていただければ幸いです。

■公式サイトURL:
  (リンク »)

■お申込み方法(事前登録制):
 インターネットからのお申込となります。
 上記公式サイト内の申し込みフォームよりご登録ください。

■申込開始:2010年11月11日(木)11:00より

■参加費:

◆1日のみ参加される場合
 一般:10,000円/eLC会員:8,000円/学生:4,000円

◆2日間とおして参加される場合
 一般:15,000円/eLC会員:12,000円/学生:6,000円

■お申込締切:2010年12月1日(水)17:00

■プログラム

<基調講演> 無料

 12月6日「人材育成の新たな可能性”インフォーマル・ラーニング”の基礎と実践」
 12月7日「アンドロイドの可能性」

<有料トラック>

■■ 12月6日(月)■■

◆トラックA
「インストラクショナルデザイン世界標準の動向」
(リンク »)

◆トラックB
「明日から役に立つSCORMの基礎と実践 -SCORM技術者を目指して-」
(リンク »)

◆トラックC
「これからの人事と人材育成」
(リンク »)

----------------------------------------------------------------
■■ 12月7日(火)■■

◆トラックD:
「eLPプロフェッショナル資格認定コース 【カスタマーニーズ分析】」
(リンク »)

◆トラックE
成功するeラーニング内製化ノウハウ <PART2>
(リンク »)

◆トラックF:
モバイル&ソーシャルを活用した次世代の学びの環境構築
(リンク »)

以上

※詳細は「e-LearningConference2009 Winter」公式サイトでご確認下さい。

  (リンク »)

----------------------------------------------------------------
 ■日本イーラーニングコンソシアムWebサイト

 特定非営利活動法人日本イーラーニングコンソシアムのWebサイトです。
 eラーニングに関する「eLP資格制度」情報や、SCORM標準規格に関する情報などを
 公開しています。
 
  (リンク »)
 
 ■「e-Learning WORLD 2.0 on the Web」

 日本イーラーニングコンソシアムの運勢する、eラーニングに関する製品・サービス情報、
 eラーニング関連資料のアーカイブなどを公開しています。

  (リンク »)

 ※eLC事務局の公式Twitterアカウント「eLC_office」

----------------------------------------------------------------
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]