車線逸脱警告と道路交通標識認識システム

株式会社データリソース 2011年02月14日

前方確認カメラによるドライバアシスタンスシステム

車線逸脱警告の市場はまもなく急速に成長しはじめ、2016年までは成長が続くだろう。前方確認カメラセンサがより身近になり、道路交通標識認識やドライバモニタリングなどの、車線逸脱警告に付随する多くのアプリケーションが促進するだろう。車線逸脱警告というアプリケーションは単独では普及しないだろうが、今後数年間に市場参加企業に大きなビジネスチャンスをもたらすことのできる付加機能としての役割を果たすだろう。この調査レポートは、車線逸脱警告の現状を牽引している技術の発展を分析し、2016年までの世界の地域毎の車線逸脱警告と道路交通標識認識の予測を行っている。自動車メーカーとサプライヤの提供できる機能を概説し、市場を促進する要因について詳述している。


【調査レポート】
車線逸脱警告と道路交通標識認識システム:前方確認カメラによるドライバアシスタンスシステム
Lane Departure Warning and Road Sign Recognition Systems
Forward-looking Camera Driver Assistance Systems
(リンク »)

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]