高出力RF半導体

株式会社データリソース 2011年08月10日

セルラーと無線インフラネットワーク機器

高出力RFアンプ産業が始まって以来、セルラーやモバイル無線インフラネットワーク機器向け高出力RFアンプの主流はディスクリートデバイスだった。それが今、高出力モノリシックRFICがそれに取って替わろうとしている。RFICが登場してからしばらく経つが、これまで市場に大きな影響を与えるには値段があまりに高く、出力レベルが低かった。だが今や、価格と出力レベルにおいて、ディスクリートパーツと競争できるようになっている。高出力RFICは、重要な市場セグメントを変える有力なデバイスである。この調査レポートは、無線インフラネットワーク機器に使用されるRFパワーアンプに使用する高出力RFICの利用の急増を分析し、これらの採用がこのセグメントの高出力RFデバイス市場にどのように影響しているかを調査している。無線データの急速なユビキタス化もまた、無線インフラRFPAの位相における高出力RFICのポジショニングを変化させていることにも注目している。


【調査レポート】
高出力RF半導体:セルラーと無線インフラネットワーク機器
High Power RFICs
For Cellular and Wireless Infrastructure Network Equipment
(リンク »)

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
〒107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]