【評価版公開】官公庁を中心とした国内300サイトの実績を持つWeb改ざん監視&自動復旧ソリューション『WebALARM』

鈴与シンワート株式会社 2012年03月26日

鈴与シンワート株式会社(代表取締役:成岡謹之輔、本社所在地:東京都港区、以下「鈴与シンワート」という)は、本日、官公庁を中心とした国内300サイトの実績を持つWeb改ざん監視&自動復旧ソリューション『WebALARM』の評価版を公開しました。

ダウンロードサイトは以下をご覧ください。
(リンク »)

用語解説

■■『WebALARM』とは
WebALARMは、国内で官公庁を中心に300サイト以上の導入実績があるWebコンテンツの監視及び自動復旧システムで、PCIデータセキュリティスタンダードの要件、10.5.5および11.5に対応しています。データの改ざんを検出すると、「WebALARM」は即時に対応し手動操作をまったく必要とせず自動的にWebサイトを回復させます。これは「WebALARM」に組み込まれた固有の機能であり、追加のスクリプトやプログラミングは必要ありません。さらに、ファイルのホットアップデートをサポートしており、連続的な監視プロセスが中断されることもありません。許可されている担当者によって一部のファイルが更新されている間も、「WebALARM」はすべてのファイルを監視し続けます。

(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

鈴与シンワート株式会社の関連情報

鈴与シンワート株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]