世界初の自動消去システムを搭載した指紋認証USBメモリこと「フィンガーファイブ(通称フィリップス君)」を新しく発売いたしました。

オリエントコンピュータ株式会社 2012年05月21日

From ValuePress!

オリエントコンピュータ株式会社(大阪市中央区 代表取締役社長 金澤歓喜)は、世界初の自動消去システムを搭載した指紋認証USBメモリこと「フィンガーファイブ(通称フィリップス君)」を新しく発売いたしました。

■製品案内

フィンガーファイブは指紋による認証で登録者以外の使用を認めません。フィンガーファイブは世界初となるファイルの自動消去機能(時限設定)により、紛失や盗難が起きてもデータを自動的に消去することでデータの漏洩を未然に防止いたします。これまで紛失や盗難による情報漏洩を理由にUSBメモリの導入を見送ってきた企業様の悩みをフィンガーファイブは一挙に解決いたしました。フィンガーファイブはデータの受け渡しや移動に最適なセキュリティUSBメモリです。

(製品特長)

・ファイル消去機能(DoD消去)
・ファイル予約消去機能(時限設定)
・フリースペース消去(DoD消去)
・ファイルの暗号化
・AES暗号化対応(米国新暗号化規格)
・利用ログの保存&書き出し
・リセット機能(工場出荷時状態へ戻します)
・認証設定の選択(指紋認証やパスワード認証の選択)
・パーティションのカスタマイズ(暗号化領域の容量変更)
・PC管理者権限不問
・USBメモリのロック機能(一定時間無操作の場合再度認証が必要となる)
・ユーザー登録数最大24人
・認識率99%
・世界初のダウンロードアップデート式の日本製ソフト搭載 ※USBメモリ内内蔵

(製品仕様)

・容量ラインナップ:2GB/4GB/8GB/16GB
・必要システム:Windows XP/Windows 7(32・64bit)
・製品サイズ:68×20×12mm(センサー部:2×11mm)
・動作環境:-20~60℃/0~85%
・付属品:メタルケース/USB延長ケーブル/マニュアル/
     OricomSecureFP(指紋認証ソフト) ※ソフトはUSBメモリ内内蔵

(製品紹介URL) (リンク »)

■会社案内

オリエントコンピュータは1992年に設立、デュプリケータの販売から事業を開始しました。その後はPCからの情報漏洩を防止するためにHDDを磁気消去する世界で初めてのログ管理システム、ハードディスククラッシャーの開発・販売、世界最多消去システムのデータ消去ソフトの開発・販売、特殊USBメモリによるストレージ、データセンター内での安全なデータ移動システムの開発などを行っております。
そして、セキュリティに関するさまざまな製品の開発に取り組み、スキミング対策・電磁波防止製品の開発・販売(SKIM BLOCK)、世界初のダウンロードによる機能追加が可能な指紋認証USBの開発・販売やデータ消去サービスシステム、リサイクルボックス(特許取得)利用の環境ビジネスシステムなどを行い、その他、各企業に合わせたセキュリティ製品のカスタマイズ化、RAIDやFC対応の大量データ消去システム構築などのソリューション提案を幅広く提供し続けています。


オリエントコンピュータ株式会社
〒540-6022 大阪市中央区城見1-2-27 クリスタルタワー22F
Tel:06-6966-1665 FAX:06-6966-1675
(リンク »)
E-Mail:pressrelease@orient-computer.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]