PIOLINK ロードバランサ PASシリーズのセキュリティスイッチ無償バンドルキャンペーン

L7負荷分散装置購入で、同社新製品、セキュリティスイッチ TiFRONTのバンドルキャンペーン

株式会社アンペール 2012年06月20日

株式会社アンペール(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:藤田 功 以下 アンペール)は、株式会社パイオリンク(本社:韓国・ソウル市、代表取締役社長兼CEO:チョ・ヨンチョル 以下パイオリンク)のL7負荷分散装置「PAS」購入で、同社の新製品、セキュリティスイッチ TiFRONTを無償バンドルするキャンペーンを独自に展開する。

1.キャンペーン内容 : ロードバランサご購入で「TiFRONT-セキュリティスイッチ」を1台提供。

2.キャンペーン期間 : 2012年6月18日~2012年9月28日

3. キャンペーン対象製品 :ロードバランサ
PAS 製品型番:PAS 3716                
機能区分:10/100/1000 Base-TX or1000Base-X SFP Slot 16 port スループット:2Gbps
標準価格(税別):¥1,980,000

PAS 3716-SSL 3000
同上 + SSL機能付(3000TPS)
標準価格(税別):¥2,480,000

「PAS」シリーズは、多様な負荷分散機能を同時に実行可能なL7負荷分散装置。WEBサーバを含む各種サーバ、ファイアウォールやVPN装置などのセキュリティアプライアンスに対する負荷分散の他、その他インターネット回線へのマルチホーミング、専用ハードウェアでのSSLアクセラレーションをPASシリーズ1台で実現することが可能。

4. 無償ご提供製品 セキュリティスイッチ TiFRONTシリーズ
モデル名:TiFRONT-F26
機能区分:24 x 10/100Base-TX port 2 x 1GbE Dual media combo port
標準価格(税別):¥240,000

「セキュリティスイッチ TiFRONT(ティーフロント)」はクライアントPCの前段でトラフィックを検査。独自な振る舞いを検知するセキュリティスイッチ。既存のL2スイッチ位置に設置され、DoS攻撃を遮断し、感染したゾンビPCをネットワークから隔離、ネットワークインフラを保護。


◆株式会社アンペールについて
1)設立:1971年 2)本社所在地:東京都新宿区 3)代表取締役社長:草梛 高志
産業用制御機器に必要なソリューションを提供する産業機器、UPSやネットワーク機器等ITインフラを提供する情報機器、語学教育システムを提供する文教システム部門と3つの分野を柱とした事業を展開しています。
詳細は同社のホームページ( (リンク ») )


◆株式会社パイオリンクについて
1)設立:2000年 2)本社所在地:韓国・ソウル市 3)CEO:チョ・ヨンチョル
株式会社パイオリンクは、アプリケーション・スイッチ、ネットワーキング及び、ウェブセキュリティの専門ベンダーです。業務継続性、安定性、セキュリティ確保のためにADC(アプリケーション・デリバリ・コントローラ)製品としてPASシリーズをローエンドからハイエンドモデルまでラインアップ。
ANS(アクセス・ネットワーク・セキュリティ)製品としてセキュリティスイッチを提供しています。
詳細は同社のホームページ( (リンク ») )

このプレスリリースの付帯情報

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アンペールの関連情報

株式会社アンペール

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。