取引意向に金銭的ゆとりは関係ナシ。過去1年間取引しているアクティブユーザーは、7割近くが「日本株式」を取引。取引頻度は、約半数が「月1未満」

- 「ビジネスパーソンの金融取引」に関する調査 -

株式会社クロス・マーケティング 2012年06月25日

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区 代表取締役社長兼CEO:五十嵐 幹)では、全国20~59歳の男女で、勤務時間が固定しているビジネスパーソン1,200人に、「金融取引」に関する調査を実施いたしました。

■調査結果
【取引意向】
・金融商品を保有している人のうち、「アクティブ取引者」は、今後も73%が取引意向あり。
 一方、「非アクティブ保有者」は41%に留まる。
・金銭的余裕による取引意向の差はあまり見られない。


【取引状況】
・認知している証券会社は「野村証券」(80.3%)がトップ。
 次いで、「大和証券」(71.3%)、「楽天証券」(70.8%)が続く。
・認知している金融商品に関しては、「日本株式」(75.3%)、「外貨預金」(69.0%)が上位。
・過去1年間で取引がある人の売買経験のある証券会社は、「SBI証券」(28.8%)がトップ。
 次いで「楽天証券」(18%)、「野村証券」(17%)が続く。
・その金融商品は、他を引き離し「日本株式」(68.5%)がトップ。
・取引頻度は「月1未満」が47.0%と半数近くおり、「毎日以上」が一番少なく6.8%。


■調査概要
調査手法: インターネットリサーチ (クロス・マーケティング アンケートモニター使用)
調査対象: 全国20~59歳の男女で、勤務時間が固定しているビジネスパーソン      
調査期間: 2012年2月20日(月)~ 2012年2月23日(木)
有効回答数: 1,200サンプル



【会社概要】
会社名:株式会社クロス・マーケティング (リンク ») (東証マザーズ3629)
所在地:東京都中央区銀座8-15-2 銀座COMビル6F
設立:2003年4月1日
代表者:代表取締役社長兼CEO 五十嵐 幹
事業内容 :リサーチ事業、ITソリューション事業


◆本件に関する報道関係からのお問い合わせ先◆
広報担当:大島  
TEL : 03-3549-0603  FAX : 03-3549-0232
E-mail : pr-cm@cross-m.co.jp


≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫
本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。
<例> 「マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが実施した調査によると・・・」

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社クロス・マーケティングの関連情報

株式会社クロス・マーケティング

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]