感情を伝えるエモーショナルゲージで、エモーショナルグラフが 簡単に作れるスマートフォンメッセージングアプリ「Ragchew」の提供を開始。

K&A Partners 2012年08月07日

From ValuePress!

K&A Partners(東京都新宿区/代表者:久本博)は、感情や好意(エモーション)を伝えることによって、簡単にソーシャルグラフをつくることができるスマートフォンメッセージングアプリ「Ragchew(ラグチュー)」を開発し、2012年8月7日より提供を開始します。

報道関係者各位
プレスリリース                           2012年8月7日
K&A Partners
      
エモーショナルメッセージングアプリRagchew。
感情を伝えるエモーショナルゲージで、エモーショナルグラフが簡単に作れるスマートフォンメッセージングアプリの提供を開始。

     

K&A Partners(東京都新宿区/代表者:久本博)は、感情や好意(エモーション)を伝えることによって、簡単にソーシャルグラフをつくることができるスマートフォンメッセージングアプリ「Ragchew(ラグチュー)」を開発し、2012年8月7日より提供を開始します。

■Ragchewの特徴
現在LINE等のスマートフォンメッセージングアプリ等が人気ですが、「Ragchew(ラグチュー)」は、電話帳を元にしたリアルなソーシャルグラフやFacebook等のソーシャルグラフには一切紐付かない、サービス独自の感情/好意(エモーション)を元にしたソーシャルグラフ(エモーショナルグラフ)を作成して、気軽にコミュニケーションを楽しむことができます。
サービス利用には、電話番号やメールアドレス等の登録は不要で、すぐに利用することができ、位置情報を元にした地図上やコミュニティールーム等で、興味のあるユーザーに対して、相手への感情や好意を示すエモーショナルゲージをユーザーがコントロールすることによって、エモーショナルグラフが自動的に構築されます。ユーザー同士はこのエモーショナルグラフを介して、グループメッセージング等の様々なコミュニケーションを楽しむことができます。

■Ragchew開発の背景
近年、Facebook等の実名利用のSNSサービスや、LINE等の電話帳のデータを元にしたリアルなソーシャルグラフ等は、利便性の反面、実際のつながりによるトラブルや疲れ、ストレスを感じるなど、一部においてはサービス離れ等の傾向が見られます。また既存のリアルな繋がりに基づく為、新たな繋がり等の機会には恵まれにくく、実社会での繋がりをネット上に置き換えただけのソーシャルグラフとなっています。そのような現状において、Ragchewはあえてリアルな現実のつながりと切り離した、エモーショナル(感情/好意)を元にしたソーシャルグラフ(エモーショナルグラフ)により、これまで以上により自由に、何のしがらみもない、ユーザー同士の新たなコミュニケーションを生み出すことを目指しました。既存のリアルなソーシャルグラフとは相反したこのエモーショナルグラフを、私たちはSecond Social Graph(第二のソーシャルグラフ)と定義してサービスを推進していきます。

■Ragchewについて
・製品名:Ragchew(ラグチュー)
・対応デバイス:iPhone/ipodTouch/iPad
・料金:無料
・リリース日:2012年8月7日
・提供元:K&A Partners
・入手方法: (リンク »)
※当アプリはiphone/ipod/ipad向けです。今後、Android及びWindowsPhone等へ対応も順次進めていきます。

■会社概要
・K&A Partners
・住所:住所:東京都新宿区北新宿3-28-12
・代表:久本博
・事業内容:各種インターネットサービス、アプリ開発、システム開発等の業務を行う。

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:K&A Partners
担当者名:八木誠
TEL:03-5380-8462
Email:raginfo@ragchew.net

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。