◎画像を部分的にアニメ化できるmotiongraphを発表  SDNA

ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ 2012年12月13日

From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎画像を部分的にアニメ化できるmotiongraphを発表  SDNA

AsiaNet 51611
共同JBN 1485 (2012.12.13)

【ロンドン2012年12月11日PRN=共同JBN】ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ(SDNA、 (リンク ») )は12日、部分的にアニメ化できるアニメーションGIF( (リンク ») )への高まる関心に応え、正確さを実現しクリエーティブ・プロセスを強化するアプリmotiongraph( (リンク ») )を発表した。

ユーザーはmotiongraphを使用すれば、関連部分をなでることによってアニメーション化する部分と静止画像として残す部分とを正確に選択することが可能である(デモビデオを参照、 (リンク ») )。このアプリはAndroid市場向けに設計されており、現在市販中である。価格は市場によって異なり、それぞれ0.99米ドル、0.83英ポンド、0.93-0.97ユーロ(付加価値税による)である(注)。

ソニーデジタルネットワークアプリケーションズのシニア・アプリケーション・プロデューサーのマサト・クニノリ氏は「一部をアニメーション化する.GIFはあっという間に、たくさんの消費者の関心を集めた。われわれはクリエーティブ・プロセスを通じてより正確さを消費者に提供することによって彼らのクリエーティビティーを刺激したい。ソニーの技術を利用して、消費者は動かしたい部分をなで、アニメーションのスムーズな動きやゴツゴツした動きを選択することができる」と語った。

このアプリは短いビデオを一連の静止画像の形で記録する。画像は簡単に記録でき、ユーザーはその後、どのエレメントを動かすかを選択できる。画像はアニメーション化された.GIFとして保存され、映画とは異なりオンライン上で直ちに閲覧することが可能である(実例はパソコンでは (リンク ») 、モバイルでは (リンク ») を参照)。同類のアプリと比べ、消費者はその部分をなで、動画にするか、静止画像のままにするかを選択することによって、動かす部分を正確に選択できる。消費者は写真をトリミングし、プレーバックのスピードと粗度を選択できる。

(注)他の国では等価

▽ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ(Sony Digital Network Applications)について
ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ(SDNA)は、消費者のニーズに専念することによって異なった方法でアプリ開発を考察するソニーの伝統を受け継ぐ革新的なアプリ・デベロッパーのグループである。ソニーの技術を活用することによって、SDNAのアプリはAndroidやアプリ・ストアで可能な限り多くの消費者が利用できるようになっている。詳細はウェブサイト (リンク ») を参照。

ソース:Sony Digital Network Applications

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。