編集部からのお知らせ
記事まとめ集:コロナ禍に小売業はどう対応?
テレワーク関連記事一覧はこちら

Rails技術者認定試験対策認定E-ラーニングをマルチメディアスクールWAVEが実施

受講期間30日間、標準学習時間14時間) 受講料金24,800円で提供

Human Resocia Co.,Ltd.

2012-12-14 08:00

Rails技術者認定試験運営委員会はRails技術者認定試験対策認定E-ラーニングをマルチメディアスクールWAVEが開始したことをお伝えします。
初の国産メジャー言語となったRubyは、2012年には国際標準化されました。このRubyの躍進の大きなきっかけとなったRubyの代表的フレームワークであるRuby on Railsは、今やWebアプリケーション開発の代表的な環境とさえ言えます。本講座では、これまでに他言語での開発経験のある開発者向けに、Rubyの基礎的な部分とRuby on Railsでの実践的な開発方法を解説しています。

本コースの詳細は以下をご覧ください。
(リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]