『リクナビNEXT Tech総研』の研究レポート デンソーの半導体先行開発部が研究開発者の採用強化

株式会社リクルートキャリア 2013年02月20日

From Digital PR Platform


株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:水谷智之)が運営するサイト『リクナビNEXT Tech総研』( (リンク ») )は、エンジニアの「仕事・職場の実態・気になる給与」「賢い転職ノウハウ」情報を毎日お届けしています。

▼『Tech総研』トップページ
(リンク »)

――――――――――――――――――――
■クルマの予防安全技術の根幹に半導体。あらゆる技術を“手の内に”
デンソーの半導体先行開発部が研究開発者の採用強化
――――――――――――――――――――
カメラやレーザー光、ミリ波などを使って対象物を認識し、衝突を回避する。これからのクルマに求められる予防安全技術です。将来の自動運転の核となる半導体の研究開発に自前で取り組むデンソー。『Tech総研』編集部は同社半導体先行開発部の仕事を追いかけました。その模様をお届けします。

2012年の交通事故死亡者数は4411人。12年連続で減少していますがが、交通事故の発生率自体は依然として高い水準です。死亡者数が減っているのは、シートベルトやエアバッグなど自動車業界における衝突安全防止技術とドライバーの意識の向上が背景にあります。今後のクルマの走行安全技術は、衝突後の対応から事故を未然に防ぐ予防安全の方へ進んでいき、将来の自動運転技術に繋がっていくと考えられます。

デンソーは車載半導体をプロセスから回路設計・実装まで一貫して自社開発し、それを核として活用しています。近年はミリ波、レーザー、画像によるセンシング技術やパワー半導体の開発に注力。このような予防安全システムを開発する事業部門と緊密な連携を保ちながら、より幅広く先進の半導体技術に取り組むのが基礎研究所の部門として活動している半導体先行開発部です。

半導体先行開発部は、デンソー基礎研究所(日進市)とデバイス事業部門(刈谷市)からそれぞれ人が出て構成されています。先端半導体に関する高度な知見は必要ですが、いつも研究室にこもっているわけではなく、技術者たちには絶えず実用化への視点も求められています。こうした目配りの広さは、求められる人材要件の一つでもあります。また、欧州(ドイツ、オランダなど)、米国(シリコンバレー)、インドにも人を送って共同研究、技術探索を始めており、グローバルに活躍できる人も求められています。

本レポートでは、半導体先行開発部が担うミッションや研究開発の現場に関しても詳しくレポートしています。


▼詳細は下記URLにてご覧ください。
(リンク »)

▼関連記事はこちら
デンソーが新たに健康・医療分野に取り組む真意とは?
(リンク »)
住宅、街、EV連携システム・マイクログリッドに男泣き
(リンク »)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

▼『Tech総研』の新着記事をお届け・メルマガ配信登録はこちら
(リンク »)

▼『Tech総研』Twitterアカウント
(リンク »)

▼リクルートキャリアについて
(リンク »)

――――――――――――――――――――
◎『Tech総研』概要
――――――――――――――――――――
エンジニアのための『仕事・職場・転職』応援サイト。
エンジニアの『仕事・職場の実態・気になる給与』『賢い転職ノウハウ』『エンジニアだからわかるあるあるネタ』など、エンジニアライフを楽しむ情報満載。

(リンク »)

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
kouho@waku-2.com
――――――――――――――――――――

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]