JPRSの堀田博文がAPTLDの理事に就任

株式会社日本レジストリサービス(JPRS) 2013年02月26日

From Digital PR Platform


 株式会社日本レジストリサービス(以下JPRS、本社:東京都千代田区、代表取締役社長 東田幸樹)は、同社取締役の堀田博文がアジア太平洋地域のccTLDレジストリの連合組織、APTLD(Asia Pacific Top Level Domain Association)の理事に選出されたことを発表しました。堀田は、2015年3月までの2年間の任期で理事を務めることになります。

 APTLDは1998年の発足以来、ドメイン名やレジストリ運用に関する議論や情報交換、ICANNを始めとするインターネットガバナンス組織への提言などを通じ、アジア太平洋地域のccTLDの発展に寄与する重要な役割を担っています。

 特に、ICANNが2009年11月から募集を開始したIDN ccTLDの導入に向けたプロセスは、堀田らがAPTLDでの議論を先導しまとめた上で関係団体の支持を受け、ICANN全体に提案したものです。この提案をきっかけに、世界的な国際化ドメイン名(以下、IDN)の普及の動きへとつながったもので、APTLDの大きな成果の一つとなっています。

 堀田は、ICANNに設置された支持組織の一つであるccNSOの評議委員を2004年6月より務めてきました。アジア太平洋地域を代表するccNSOの評議委員として、アカウンタビリティフレームワーク(ICANNとccTLDレジストリの間に正式な関係を構築するための枠組み)の構築や、IDNに関するグローバルポリシーの検討、IDN ccTLDの新設に伴うICANN定款改訂の検討など、ICANNの活動において積極的な貢献を行ってきました。また、2002年よりAPTLDのメンバーとして、会合における発表や議論への参加を通じてAPTLDの活動に貢献しています。

 今回のAPTLD理事への選出は、堀田のこれまでのAPTLDへの貢献やccNSOの評議委員としての活動や成果が評価されたものと考えます。

 APTLDでは今後の2年間で、IDN ccTLDや新gTLDのレジストリが増加していく新時代の到来を迎える中、APTLDをどのような組織にしていくかを検討し、その実現に向けた取り組みを進めていく予定です。堀田は、そのような新しい時代におけるAPTLDの使命と目的を検討するWG「mission&objectives WG」の議長に就任予定です。

 JPRSは今後もネットワークの基盤を支える企業として、日本のみならず、アジア太平洋地域と、グローバルなインターネットコミュニティに一層貢献できるよう、さらなる努力を続けていきます。

----------------------------------------------------------------------
■株式会社日本レジストリサービス(JPRS)
(リンク »)

 ドメイン名の登録管理とドメインネームシステム(DNS)の運用を中心としたサービスを行う会社。2000年12月26日設立。JPRSはネットワークの基盤を支える企業として、インターネットの発展に寄与し、人と社会の豊かな未来を築くことに貢献することを企業理念として活動しています。

----------------------------------------------------------------------
■用語解説

1. ccTLD(シーシーティーエルディー)
  Country Code Top Level Domainの略称。国や地域ごとに割り当てられたトップレベルドメインです。日本を表す「.jp」などのドメイン名がこれに当たります。

2. ICANN(Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)
  ドメイン名、IPアドレス、プロトコル、ルートサーバーなどのインターネットの基盤となる資源に関する調整を行うために、1998年に米国で設立された民間の非営利法人です。

3. 国際化ドメイン名(Internationalized Domain Name:IDN)
  「日本語.jp」のような英数字以外の文字が含まれるドメイン名を「国際化ドメイン名(IDN)」といいます。国際化ドメイン名では漢字、ひらがな、カタカナ、ハングル、キリル文字、アラビア文字など、世界中のさまざまな文字を使用できます。

4. ccNSO(Country Code Names Supporting Organisation)
  ICANNの活動を支える組織の一つです。ccTLDの連合体としてICANNの他の支持組織や委員会などと協調しながら、ccTLD全体にまたがるグローバルな課題についてポリシー案を策定し、ICANN理事会に勧告を行う役割を担います。JPRSは「.jp」のレジストリとして、ccNSOに参加しています。

----------------------------------------------------------------------
■参考URL

1. APTLD Board
  (リンク »)

2. APTLD(Asia Pacific Top Level Domain Association)
  (リンク »)

3. ICANN(Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)
  (リンク »)

4. ccNSO(Country Code Names Supporting Organisation)
  (リンク »)

----------------------------------------------------------------------
■本件に関するお問い合わせ先

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)広報宣伝室
TEL:03-5215-8451 FAX:03-5215-8452
e-mail: press@jprs.co.jp
(リンク »)
〒101-0065 東京都千代田区西神田3-8-1千代田ファーストビル東館13階

----------------------------------------------------------------------

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]