言い値や交渉で商品の価格が決まる、SNS的なECサービス 「GarageSale(ガレージセール)」が3月13日にサービス開始

株式会社ウェブシャーク 2013年03月13日

From ValuePress!

株式会社ウェブシャーク(大阪市中央区/代表者 木村誠司)は、2013年3月13日に、出品者が商品に値段をつけず購入者の言い値で商品が購入できたり、売り手と買い手がサイト内で直接価格交渉ができる個人向けECサービス「GarageSale(ガレージセール)」をリリースしました。

 株式会社ウェブシャーク(大阪市中央区/代表者 木村誠司/電話06-6264-2816)は、2013年3月13日に個人向けECサービス「GarageSale(ガレージセール)」をリリースしました。

 出品者が商品に値段をつけず購入者の言い値で商品が購入できたり、売り手と買い手がサイト内で直接価格交渉ができる、いわばネット上のフリーマーケットです。利用料金は無料。
 米国でこのサービスは、個人が自宅などにある不要品を処分するために必要な機能に特化した“クラシファイド(classifieds)”(※注1)と呼ばれ多くのユーザーを集めていますが、日本ではまた一般に普及していません。
 GarageSaleは日本において、1年間で10,000ガレージ(ショップ)の獲得を目指します。

  GarageSale(ガレージセール) (リンク »)


●特徴
1、「言い値」で商品の価格が決まる。
 GarageSaleでは価格を決めずに商品を登録(=出品)することができます。価格は「言い値機能」でお客様に決めていただけます。
2、商品の値段交渉ができる。交換交渉ができる。
 すべての商品に価格交渉ボタンがついており、買いたい金額とコメントと共に、商品の所有者と交渉することができます。また交渉次第で、自分の商品を他のユーザーの商品と交換もできます。
3、サイトへの登録、商品出品が短時間でできる。
 ガレージの登録は最短で1分30秒ほど、商品の出品登録はスマートフォンから最速50秒で完了します。

※注1:「クラシファイド(classifieds)」
 クラシファイド(classifieds) とは、目的や地域によって分類された募集広告や告知を、一覧形式で掲載する広告媒体。企業などによる一般的な宣伝広告とはことなり、個人を中心にだれでも手軽に広告掲載できる。米国で1995年にスタートしたCraigslistが有名で、ユーザー数は月間1000万人、月間40億PV(ページビュー)のアクセスがあるといわれる。
※出展:Wikipedia/IT用語辞典

●サービス開発の経緯
 Yahoo!オークションをはじめ、日本でもネットを使った個人間取引が盛んに行われています。しかしながら、その取引形態は、オークション形式やネット通販方式だけで、SNSが普及した今の時代に合致した仕組みとは言いがたいものです。
 「個人が売りたいものを何故オークション形式で売らなければならないのか」「なぜ従来の個人向けECサービスはソーシャル対応や様々な商品取引コミュニケーションを充実させないのか」といった既存サービスへのアンチテーゼから今回のサービス開発はスタートしています。
 その結果、「言い値」「価格交渉」「商品交換」など、ソーシャル時代に合った機能を充実させた、全く新しいECサービスにいきつきました。類似サービスには、米国を中心に利用者の多いクラシファイドがありますが、文化の違いなどから日本では今まであまり普及していません。
 当社では日本で個人間取引をする人たちにとって親しみのあるフリーマーケットのWEB版と位置づけることで、GarageSaleが日本の多くのユーザーに受け入れられると考えています。

●GarageSaleの主な機能
・決済機能
 全てのユーザーにクレジットカード決済機能がついています。交渉完了後に入力画面があらわれます。
・スマートフォン対応
 iphoneアプリ、アンドロイドアプリも公開されており、商品の登録、閲覧などアプリ内で完結します。
・あげれます・売りません(非売品)
 不要品ですので無料で引き取ってもらっても助かる場合があります。GarageSaleでは「あげる」を選ぶことができます。同時に単に持ち物を自慢したい場合の為に「非売品」を選択して掲載することができます。
・ファンのタグ付け機能(商品の公開範囲を決められます)。
 友達だけにしか見せたく無い商品、ご近所さんにだけ公開したい商品などが設定でき、限定した範囲で公開することができます。例えば誕生日にもらったプレゼントを、それをくれた友達以外に販売するといったことができます。
・サイトデザインの編集
 パーツと呼ばれる概念により、ブロックを組み立てるようにデザインを変更することができます。

●運営会社:(株)ウェブシャークについて (リンク »)
ウェブシャークは2001年8月に創業した大阪府大阪市中央区本町に本社を持つイーコマース事業に特化したインターネット企業です。創業当時から「個人が独立して生計を立てることができる世界」を指針にサービス作りをいたしております。代表的なサービスであるアフィリエイトASPの「電脳卸 (リンク ») 」の他、以下のようなサービスを提供しています。
 へんなものショッピング「STORE MIX」 (リンク »)
 日本最大の美容・健康モール「Dr Tony」 (リンク »)
 ドリルダウン検索 「MAY i HELP YOU」 (リンク »)
 みんなカメラマン「パシャピン」 (リンク »)

■会社概要
【会社名】株式会社ウェブシャーク
【所在地】大阪市中央区本町3丁目1-6 羽州本町ビル4F
【代表者】木村 誠司
【設立】2001年8月1日
【資本金】8125万円
【主要株主】
  株式会社サイバーエージェント
  株式会社サイバーエージェント・インベストメント
  GMO VenturePartners株式会社
  ブログビジネスファンド投資事業有限責任組合
  創業起業支援<志>投資事業有限責任組合
  創業者グループ

【会社電話】06-6264-2816
【会社サイト】 (リンク »)
【会社Email】info@webshark.co.jp

●本件に関するお問合せ先
株式会社ウェブシャーク ガレージセール担当:岸村
info@webshark.co.jp
TEL:06-6264-2816 FAX:06-6264-2808 (平日 10:00 〜18:00 )

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ウェブシャークの関連情報

株式会社ウェブシャーク

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR