シャープ製複合機に対応したクラウド型FAX受信管理システム 「FAX Forwarder」 Googleドライブへのアーカイブに対応した機能強化版をリリース

株式会社ビジカ 2013年06月19日

株式会社ビジカ・ビジネスシステム(東京都台東区、代表取締役川森基次、 (リンク ») )は、クラウド型FAX受信管理システム「FAX Forwarder」の検索機能の強化など大幅な機能強化版をリリースいたしました。「FAX Forwarder」は、取引先からオフィスの業務用複合機に送信されてくるFAX を、印刷することなく、『自動ファイリング』すると同時に、送付元のFAX 番号によってどのメールアドレスに転送するのかをあらかじめ設定する『FAX 振り分け転送』機能で、届いたFAX を即座に画像データ(PDF)として自動送信可能です。クラウド環境にファイリングされたFAX原稿にチェック済みマークの付与やメタデータを加えることなど検索性を高めるとともに、Googleドライブへのアーカイブをワンタッチで行えるようにすることで大量のデータの保存など業務利用の利便性を高める機能強化を行いました。
システムの販売はシャープ製複合機のサービス認定店である株式会社システムつう(大阪市中央区 取締役社長柏木誠一、 (リンク ») )が担当いたします。

このプレスリリースの付帯情報

ファックスフォワーダ概要

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ビジカの関連情報

株式会社ビジカ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]