「今の悩みは?」~約9割の大学1年生が「悩みがある」と回答~

株式会社リクルートキャリア 2013年07月18日

From Digital PR Platform


株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:水谷智之)が運営する、いつかの社会人デビューのためのサイト『就職ジャーナル』( (リンク ») )は、大学生の最新情報がわかる連載「学生×シゴト総研」を公開しております。今回は「今の悩みは?」をテーマにアンケートを実施いたしました。

▼「今の悩みは?」 記事はこちらから
(リンク »)

――――――――――――――――――――
■「将来の進路や就職」が悩みと74.0%が回答
「どんな悩みがあるのか」についても公開。
――――――――――――――――――――

大学1年生486人(うち男子学生215人、女子学生271人)を対象にアンケート調査を実施(調査協力:株式会社クロス・マーケティング、調査期間:2013年6月28日~6月30日)。大学1年生にとって、初めての大学生活では、環境の変化も手伝って、いろいろな悩みがあるもの。今回は、今悩みがあるかどうかや、具体的な悩みの内容について、大学1年生に尋ねました。

まず、今悩みがあるかどうかを尋ねたところ、88.0%が「はい」と回答し、ほとんどの学生が悩みを持っていることがわかりました。属性別では、男子学生よりも女子学生、理系学生よりも文系学生の方が、悩みを持っている学生の割合が多いという結果になりました。
 
次に、悩みがあるという学生に、どんな悩みかを尋ねたところ、74.0%の学生が「将来の進路や就職」と回答し、続いて「学業」も61.1%に上り、「経済的なこと」も51.8%に達しました。「その他」では、「アルバイト先でのこと」が複数挙がりました。

最後に、「具体的にどんな悩みがある?」という問いには、「将来就きたいと思えるような職業がなく、目標が持てない」「実力よりもレベルが高い大学に入ってしまったみたいで、講義についていけず、困っている」「わが家の家計が厳しく、少しでも親の負担を減らすために自分のバイト代で大学への定期代と携帯電話代を払うことにしたが、体力的にも精神的にも、このままバイトと学業を両立していけるか心配」「まだ大学に入学して間もないので、高校のときみたいに仲の良い友達が作れていない」といった声が寄せられ、社会人になる手前の切実な悩みを抱いている大学1年生たちの姿が浮かび上がりました。


▼「今の悩みは?」記事はこちらから
(リンク »)

▼いつかの社会人デビューのためのサイト『就職ジャーナル』はこちらから
(リンク »)

▼リクルートキャリアについて
(リンク »)

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
kouho@waku-2.com
――――――――――――――――――――

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]