編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

「第5回ものづくり日本大賞」製品・技術開発部門において「内閣総理大臣賞」を受賞

ダイキン工業株式会社

From: 共同通信PRワイヤー

2013-09-17 14:00

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。
2013年9月17日

ダイキン工業株式会社

経済産業省主催「第5回ものづくり日本大賞」製品・技術開発部門において
最高賞である「内閣総理大臣賞」を受賞

ダイキン工業株式会社は、経済産業省が主催する「第5回ものづくり日本大賞」(製品・技術開発部門)において、「地球温暖化と日本のものづくり競争力強化に貢献する次世代エアコンの開発」により、最高賞である「内閣総理大臣賞」を受賞しました。表彰式は9月18日に首相官邸で行われる予定です。
「ものづくり日本大賞」は、我が国のものづくりを着実に継承し、さらに発展させていくため、製造・生産現場の中核を担っている中堅人材や、伝統的・文化的な「技」を支えてきた熟練人材、今後を担う若年人材など、第一線で活躍する各世代のうち、特に優秀と認められる人材を表彰するものです。
このたび、受賞対象となった「地球温暖化と日本のものづくり競争力強化に貢献する次世代エアコンの開発」の具体的な取り組みとして、当社は従来冷媒と比べて温暖化係数が3分の1となる省エネ冷媒HFC32を採用したルームエアコンを世界で初めて開発し、当社のフラッグシップ機である『うるさら7』をはじめとするルームエアコン全機種に採用しました。また、冷媒から空調機開発まで行う唯一の総合空調メーカーとして培ったノウハウを活かし、サプライヤーも一丸となって、コスト競争力のある量産体制を実現しました。さらに、新興国でのHFC32の普及を目的として、HFC32空調機の開発に不可欠な基本特許を無償開放しました。
これらの取り組みによって、国内生産が難しくなりつつあるエアコン業界において、環境配慮、高付加価値化、低コスト化、海外市場開拓という相矛盾しかねない困難な要請をそれぞれ達成したと認められました。また、サプライチェーンを巻き込んだ幅広い生産活動を通じて、日本における組立産業のものづくり、マザー機能の発揮、ものづくり基盤技術を担う中小企業育成のモデルとなる事例であると評価され、受賞に至りました。
当社は、『うるさら7』が省エネルギーセンター主催「平成24年度省エネ大賞」の最高賞である「経済産業大臣賞」を受賞するなど、多方面で高い評価を受けています。
今後も当社は、日本におけるものづくりの強化に努め、快適性と環境性を両立する商品開発に取り組んでまいります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]