編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

Vitesse、イーサネットビジネスサービスの収益化のためにキャリアモデルを変革

Vitesse Semiconductor

From: JCN Newswire

2013-10-23 11:50

ViSAAを搭載したJaguar-2キャリアイーサネットスイッチエンジンは、クラウドアクセスネットワークでのサービス提供のために構築された業界唯一のシリコンソリューション

CAMARILLO, CA, Oct 23, 2013 - ( JCN Newswire ) - 通信事業者および大企業ネットワーク向け先進ICソリューションの大手プロバイダのVitesse Semiconductor Corporation (NASDAQ: VTSS)は、キャリアイーサネットスイッチエンジンポートフォリオを拡張し、MEF CE 2.0に準拠しながらパブリックおよびプライベートクラウドネットワーク経由でビジネスサービスを提供するターンキーのシングルチップソリューションのJaguar-2(TM) (VSC7468)を発表しました。Jaguar-2にはVitesse Service Aware Architecture (ViSAA(TM))が搭載され、イーサネットベースのビジネスサービスをオンデマンドでリモートにプロビジョニングし、問題をモニターし解決するために、ワイヤスピードのRF2544およびY.1564などの業界で最も先進的なOAM (Operations, Administration and Maintenance)とSAT (Service Activation Testing)を提供します。この非常に粒度の高いレベルの制御により、通信事業者はサービスオファリングをすぐに収益化できます。

MEF Carrier Ethernet仕様をサポートする能力は、今日のネットワークのサービスプロバイダ設備でチェックリスト項目となっています。Jaguar-2は、ますます競争の激化する市場で、これらの機能をハードウェアに組み込み、通信事業者がサービスオファリングの差別化と収益化をする方法を根本的に変更することで、これらの要件を提供します。最近の市場分析は、グローバルイーサネットの帯域幅は2012年のレガシーデータ帯域幅を上回っていることから、イーサネットがビジネス接続に望ましいプロトコルであると述べています。Vertical Systems Groupによれば、イーサネットサービス市場は2017年までに490億米ドルを超えると予測しています。この成長を推進しているのは、教育、ヘルスケア、金融サービス、政府自治体などから、従来のITやエンタプライズサービスまでの業界のクラウドベースのアプリケーションとデータサービス用の動的な高速帯域幅の需要です。

「イーサネットビジネスサービスは、通信事業者、ケーブルMSO、キャリアイーサネット小売業者などのサービスプロバイダにとって戦略的な収益推進要因で、市場の競合はますます激化しています。」と、Vertical Systems Groupリサーチサービス部長のErin Dunneは述べました。「サービスプロバイダは、サービスの収益性を上げ、広範なSLA要件に対応するオファリングを差別化する方法を探しています。」

「企業はますますアプリケーションとデータサービスをクラウドにアウトソースするようになっており、イーサネット接続は今までにないほど重要になっています。」と、Vitesse製品マーケティング担当VPのUday Mudoiは述べました。「Vitesseのキャリアイーサネットスイッチエンジンポートフォリオの第3世代であるJaguar-2 with ViSAAにより、これまでにないレベルのリモートプロビジョニング、モニタリング、およびトラブルシューティング機能が、サービスプロバイダのネットワークアクセス設備で実現します。このような粒度の高いレベルの制御は、サービスプロバイダがサービスを収益化する方法を根本的に変え、新しい収益機会を創出します。

Jaguar-2: ターンキーソリューションにより、アグリゲーションとエッジにスケールとサービスを追加

VitesseのCEServices(TM)ソフトウェアアプリケーションにサポートされるJaguar-2ファミリは、次のような包括的なターンキーソリューションを提供します。

-- MEF CE 2.0対応。Ethernet Virtual Connection (EVC)ごとに1ギガビットイーサネット(GE)と10GEアプリケーション用の機能制御とリソースアロケーションサポート。
-- 階層サービスOAMとパフォーマンス測定。メンテナンスおよびSLAアシュアランスの目的のためのアップダウンMEP OAMとService Activation Testingを含む。
-- 階層QoS。サービスごとに、ポートレベルのQoSに対して競争力の高いソリューションで利用可能。
-- VeriTime(TM)、ナノ秒精度ネットワーク刻時および同期化のための業界で最も高精度のIEEE 1588v2 Precision Time Protocol実装。

Jaguar-2は、48ギガビットイーサネットポート、2.5Gポート24個、10G光モジュールに直接接続しLayer-3ルーティングをサポートするポートを最大4個搭載しています。Jaguar-2は2013年第4四半期にサンプリング開始予定です。詳しくは www.vitesse.com/products/product.php?number=VSC7468 (リンク ») をご覧ください。

Vitesseについて

Vitesse (NASDAQ: VTSS)は、世界各国の通信事業者および大企業ネットワーク向けに、多様な高性能半導体ソリューションのポートフォリオを設計しています。Vitesseの製品は、Mobile Access/IP Edge、Cloud Computing、SMB/SME Enterprise Networkingなど、急成長中のネットワークインフラ市場でイネーブリングを行っています。 www.vitesse.com (リンク ») をご覧いただくか、Twitter @VitesseSemi をフォローしてください。

Vitesseは、米国および他の国で、Vitesse Semiconductor Corporationの登録商標で、Jaguar、VeriTimeは商標です。この文書に述べられている他のすべての商標または登録商標は、それぞれの所有者の資産です。

VTSS-G

企業お問い合わせ先:
Michelle Lozada
Vitesse Semiconductor
www.vitesse.com (リンク »)
+1-805-388-3700
pressrelations@vitesse.com

代理店問い合わせ先:
Jennifer Usher
SHIFT Communications
www.shiftcomm.com (リンク »)
+1-415-591-8456
VitessePR@shiftcomm.com

概要:Vitesse Semiconductor

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]