国際赤十字のネットワークのトップ 近衞連盟会長 二期目に向けて抱負を語る

日本赤十字社 2013年11月13日

From 共同通信PRワイヤー

2013/11/13

日本赤十字社

国際赤十字のネットワークのトップ 近衞連盟会長 二期目に向けて抱負を語る

 選挙の結果再選を果たし、再び国際赤十字の陣頭に立つことになった近衞会長は、現地時間の12時30分から記者会見を行い、次のように二期目の抱負を語りました。
 「今回の当選結果は過去4年間の実績を評価されたものだと理解している。と同時に、接戦だったことを受けて、今後4年間は今まで以上のことを目指さなければ」と語りました。
 また、台風30号で壊滅的被害を受けたフィリピンへの支援についても言及。被災地へのアクセスが確保できていないことが大きな問題と指摘しつつ、「専門チームを派遣するなど、早期に救援活動が開始できるよう最善を尽くしたい」と語りました。

 現地では引き続きIFRC総会が開かれており、近衞会長は20日に帰国します。
 近衞会長への取材をご希望される場合は、日本赤十字社企画広報室までご連絡ください。また、投票結果発表時の映像を希望される場合もお知らせください。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]