◎バリアン500台目の医療用リニアアクセラレーターが京都第一赤十字病院に

バリアン メディカル システムズ 2014年04月07日

From 共同通信PRワイヤー

◎バリアン500台目の医療用リニアアクセラレーターが京都第一赤十字病院に

AsiaNet 56340
共同JBN 0365 (2014.4.7)

【京都2014年4月7日PRN=共同JBN】
*京都第一赤十字病院は画像誘導放射線療法、放射線外科療法によるがん治療に2台目のバリアン・システムを購入

画像誘導放射線療法、放射線外科療法によるがん治療用医療機器の有力メーカーであるバリアン メディカル システムズ(Varian Medical Systems)(NYSE: VAR)は最近、日本で500台目の医療用リニアアクセラレーターを京都第一赤十字病院に設置した。同病院は腫瘍を精密に標的とし、周囲の健康な組織への照射線量を最少にする現在計画中の近代的な放射線療法による治療のためにNovalis Tx(商標)治療マシンとバリアンの最新のEclipse(商標)ソフトウエアを購入した。

株式会社バリアン メディカル システムズの山田眞販売・マーケティング担当取締役は「京都第一赤十字病院の新システムは、定位放射線照射などの先進的な治療の計画、実施向けに最適である。この装置はこの病院で使用される2台目のバリアン・システムである。病院は患者治療への使用開始を6月と見込んでいる。日本で500台目のバリアンのマシンと患者様に質の高いがんケアを提供するという病院のコミットメントをたたえる記念プレートで臨床チームを祝福できるのはうれしい」と述べている。

Novalis Txリニアアクセラレーターは患者様のまわりを回転し複数の角度から治療ビームを放射し、腫瘍の形に適合したビームを形成する。従来型の放射腺照射治療法に加えてRapidArc(登録商標)放射線治療や高線量の治療ビームを素早く照射して1-5回の治療セッションで体外から腫瘍を攻撃する技術である定位放射線治療も実施できる。患者は従来型の手術に伴う切開を避けることができる。

同病院放射線治療科の古谷誠一部長によると、このチームはNovalis Txマシンを主として脳腫瘍の治療に使用する。古谷医師は「海馬への線量をコントロールした全脳照射とSRTの組み合わせによって脳腫瘍患者様の脳転移の予後とQOLを改善できると信じている。これがNovalis Txシステムを使って実行を計画している重要な臨床的進展の1つである」と語っている。

古谷医師はさらに「この装置を選択した最大の理由は、能力がより限定されている高価な専用装置ではなく、脳定位放射線治療等の高精度を要求される治療も従来型の放射線治療も行えるところに魅力を感じたからである。バリアンのマシンは質と安定したビームの提供で定評があり、これは高線量を敏速、精密に照射する放射線外科の治療に不可欠である」と述べている。

日本で最初のバリアンの医療用リニアアクセラレーターは1991年に横浜に設置された。現在、日本で使われているバリアン・マシンの約60%は、2D、3D画像を使って臨床医が治療前に患者の位置を微調整できることによって、腫瘍ターゲティングを向上させる最近の技術革新である画像誘導能力を装備している。日本にあるバリアンのシステムの約30%は、各システムが毎日より多くの患者に恩恵を与えられるように放射線療法、放射線外科治療の提供をスピードアップする別の技術革新であるRapidArc技術を装備している。

2012年にバリアンはバリアンのがん治療システムで働く日本の放射線腫瘍医、医学物理士、テクノロジストを訓練するため東京に研修センターを設立した。同社は日本の顧客に電話サポートを提供するため、ローカル・コンタクト・センターまたはヘルプデスクを設置した。またバリアンは日本の主要な大学、研究病院と数年にわたり一連の臨床研究プロジェクトを実施し、その1つは特許技術をもたらした。これらの研究は新しい放射線療法技術の臨床実行から治療中の腫瘍の動きの補正法にまでわたっており、放射線腫瘍学の分野で影響力の大きい技術革新に貢献している。

バリアン腫瘍システム事業のコリーン・ケネディ社長は「日本で500基目のバリアン・システムは日本の臨床パートナーに対するわが社の現行のコミットメントの重要なマイルストーンを示している。日本の放射線腫瘍学専門家共同体の模範的な臨床、研究努力をサポートするのは喜ばしいことであり光栄である」と語っている。

▽バリアン メディカル システムズ(Varian Medical Systems, Inc.)について
バリアン メディカル システムズ(本社米カリフォルニア州パロアルト)は、がんとその他医学的状態を放射線治療法、放射線外科治療法、プロトン(陽子線)治療法、小線源治療法で治療する医療機器とソフトウエアの世界的なリーディングカンパニーである。同社は、総合がんクリニック、放射線治療センター、がん医療行為を管理するソフトウエアも提供する。バリアンは高品位な医療、科学、産業アプリケーションのエックス線画像用管球、デジタル検出装置を提供するプロバイダーであり、貨物透視検査、工業検査用のエックス線画像製品も供給している。バリアン メディカル システムズは北米、欧州、中国の製造施設と約70の販売、サポートオフィスに約6400人を雇用している。詳しい情報は (リンク ») もしくはTwitterでフォローを。

▽問い合わせ先
米国
Meryl Ginsberg
Tel: +1.650.424.6444
meryl.ginsberg@varian.com

日本
Tsuneo Kobayashi
Tel: +81.3.4486.5040
tsuneo.kobayashi@varian.com

ソース:Varian Medical Systems

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]