◎(ISC)2(R) 第8回年次アジア・パシフィックISLA プログラムへの候補者受付を開始

(ISC)2 Asia-Pacific 2014年04月09日

From 共同通信PRワイヤー

◎(ISC)2(R) 第8回年次アジア・パシフィックISLA プログラムへの候補者受付を開始

AsiaNet 56457

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。


(ISC)2(R) 第8回年次アジア・パシフィック情報セキュリティ・リーダーシップ・アチーブメント・プログラムへの候補者受付を開始

革新性、献身そしてベストプラクティスに貢献してきた、情報セキュリティ業界におけるリーダーを表彰するためのプログラムへの候補者受付がスタート

香港、2014年4月9日 /PRニュースワイヤ/ -- 情報およびソフトウェアのセキュリティ・プロフェッショナルの認定を世界中で実施する世界最大の会員制非営利団体であり、10万人近くの会員を有する(ISC)2(R)(アイ・エス・シー・スクエアード、以下「(ISC)2」)は、第8回年次アジア・パシフィック情報セキュリティ・リーダーシップ・アチーブメント(以下「アジア・パシフィックISLA(TM)」)プログラムへの候補者の受付を開始したと本日発表しました。今年の受賞者は、 (ISC)2が中国・北京で開催するアジア太平洋地域でのセキュリティ・リーダーシップに関する年次の2日間の会議である「セキュアアジア@北京・カンファレンス(SecureAsia@Beijing Conference (リンク ») )」と同時開催される7月24日の表彰式ディナーの場で表彰されます。

アジア・パシフィックISLA プログラムは、 (ISC)2のグローバル・アワード・プログラムの一環として、情報セキュリティ分野で高い能力と倫理観を持ち合わせ、人材育成に継続的に貢献したアジア太平洋地域のリーダー達を顕彰する目的で2007年に始められました。受賞者の評価は、専門資格保有の有無によって判断されるものではなく、「Senior Information Security Professional」、「Managerial Professional for an Information Security Project」、および「Information Security Practitioner」という3つの異なる分野で、受賞者が選定されます。全候補者は、 (ISC)2 のアジア・アドバイザリー・ボード(AAB)の委員およびアジア・パシフィックISLAの過去の受賞者たちで構成される候補者審査委員会によって、選考基準と適格要件に基づき審査されます。候補者審査委員会のメンバーのリストについてはこちらをご覧ください: (リンク »)

「(ISC)2が今年25周年を迎えるにあたり、未来のセキュリティ・プロフェッショナルの育成に多くの努力を傾けており、当業界での彼らの就業を促し、堅実で成長性の見込めるキャリアパスを歩ませることを目指しております。アジア・パシフィックISLAプログラムは、現在当地域で情報セキュリティの専門職に就いている人々、及び業界で働き始めた人々のために水準を引き上げてきた個人を表彰するための理想的な場として設けられました。今年も北京にて、他の専門家や重鎮と共に、彼らの業績を讃えることを楽しみにしています」と、CISSPであり、(ISC)2 のExecutive DirectorでもあるW・ホード・ティプトンは述べています。

プログラムおよび候補者基準に関する詳細は、こちらをご覧ください。
(リンク »)
2013年の受賞者の業績紹介についてはこちらをご覧ください。 (リンク »)
候補者を推薦するには、推薦フォームをこちらまでご提出ください。なお、推薦の締め切りは2014年5月12日です。
(リンク »)


(ISC)2(R) とは
1989年に設立され今年で25周年を迎える(ISC)2(アイエスシー・スクエア)は、情報およびソフトウェアのセキュリティ・プロフェッショナルの認定を世界中で実施する、世界最大の会員制非営利団体であり、135ヵ国に10万人近くの会員を有しています。(ISC)2では、世界的に代表的な資格として認められているCISSP(R)(Certified Information Systems Security Professional)および関連資格の他、CSSLP(R)(Certified Secure Software Lifecycle Professional)、CCFP(SM)(Certified Cyber Forensics Professional)、CAP(R)(Certified Authorization Professional)、HCISPP(SM)(HealthCare Information Security and Privacy Practitioner)、SSCP(R)(Systems Security Certified Practitioner)などの資格認定を行っています。(ISC)2の資格は、IT分野の人材を評価・認定する際のグローバルなベンチマークである「ISO/IEC  17024」の厳しい要求を満たした最初のIT関連資格の一つです。また、 (ISC)2は、情報セキュリティ分野の知識を体系化した独自の CBK(R) に基づき、情報セキュリティ関連の教育プログラムやサービスを提供しています。より詳しい情報は www.isc2.org をご覧ください。

(C) 2014, (ISC)2 Inc. (ISC)2、 CISSP、 ISSAP、ISSMP、ISSEP、CSSLP、 CAP、 SSCPおよびCBKはいずれも(ISC)2, Inc.の登録商標です。また、CCFPおよびHCISPPは(ISC)2, Inc.のサービスマークです。

報道関係からのお問い合わせ:
(ISC)2 ジャパン
衣川 俊章 (Toshi Kinugawa)
電話:+81 3 5366 4824
Eメール:tkinugawa@isc2.org

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]