PTCとGEが、設計部門と製造現場をクローズループで結ぶ新たなソリューションの提供を発表

コネクティッド マニュファクチャリング - 設計から納入までの更なる時間短縮の実現

PTCジャパン株式会社 2014年04月15日

【2014年4月15日】PTC(本社:米国マサチューセッツ州、Nasdaq: PTC、社長兼CEO:ジェームス・E・へプルマン)の日本法人であるPTCジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑原 宏昭)は、本日、PTCとGE Intelligent Platforms社(NYSE: GE、以下、GE)が、PTC Windchill(R)とGE Proficy(R)を含む組み立て型(ディスクリート)製造業向け統合ソリューションであるProficy + PTC Windchillソリューションをリリースしたとの米PTCの発表を明らかにしました。

即時購入可能で提供が開始された本ソリューションは、製品の設計と製造現場における作業の遂行をクローズループで結びます。このクローズループプロセスへの対応機能により、設計や製造を支援する重要な業務システム間の可視化がリアルタイムで可能になり、工場のパフォーマンスや品質の向上、製造時間の短縮、仕掛り在庫の低減と最適化が実現します。

現在、製造企業では、製造工程のデジタル化、業務の省力化や合理化、製品品質に関わる法規制への対応に突き動かされ、変革が起こっています。また、基幹システムであるエンタープライズリソースプランニング(ERP)、製品ライフサイクル管理(PLM)、および製造実行システム(MES)により作り出され、システム間で交換されるデータの忠実度を確保するマスターデータ管理の価値を、製造企業は認識し始めています。Proficy + PTC Windchillソリューションは、設計、製造、生産部門間における製品情報のクローズループを管理するPLM-MESインタフェースを提供します。

GE Intelligent Platforms社 ゼネラルマネージャーのジム・ウォルシュ(Jim Walsh)氏は「設計部門が定義する製品構成が正確に製造ルーティングや製造部品表(BOM)の基礎となり、それが製造現場の作業管理に使用されます。製造段階のBOMや不適合等に関する現場の情報は自動的にPLMシステムと共有され、完全なクローズループができあがるのです」と述べています。

本ソリューションは即時利用可能で、製品リリースサイクルの短縮、変化する市場要求への迅速な対応、手戻りを回避することによる開発コストの低減、上流・下流工程での可視化を改善することによる総合的な製品品質の向上に貢献します。

PTCエンタープライズセグメント担当上級副社長のブライアン・シェパード(Brian Shepherd)は「Proficy + PTC Windchillソリューションは、より優れた製品をより高いコスト効率でより短時間に製造することに寄与します。フル機能を提供するこの統合ソリューションがクラス最高のソリューションプロバイダー2社のパートナーシップによって生み出されたものであるということも同様に重要です。この知識、経験、信頼性のレベルに匹敵するソリューションは他には存在しません」と述べています。


【関連情報】
-「GE Proficy for Discrete Manufacturing」について(ウェブサイト)
(リンク »)
- PTC 製造プロセス管理ソリューションについて(ウェブサイト)
(リンク »)
- GEとPTCがリセラー契約締結(プレスリリース)
(リンク »)
-「Connected Manufacturing - Driving Faster Design to Delivery」について(ウェブサイト)
(リンク »)

【GEについて】
GEは、世界が直面している困難な課題に取り組む企業です。人材とテクノロジーを最大限活用して、インフラ構築、電力供給、運輸や医療、金融に関わるソリューションを提供しています。日本においてGEは、より安全でクリーンなエネルギーの供給や、急速に進む高齢化に対応する医療サービスなどに取り組んでいます。これらの課題を解決するために、技術革新を進め、ステークホルダーと協働して、日本の再生と持続的な成長を目指しています。エジソンを創始者とするGEは、イマジネーションを大事にするとともに、実行する会社でもあります。課題解決のために行動を起こす、それがGEです。日本におけるGEの活動については、 (リンク ») をご覧下さい。

【PTCについて】
PTC(本社:マサチューセッツ州、Nasdaq: PTC)は、製造業における継続的な製品とサービスの優位性(Product and Service Advantage)の実現を可能にします。PTCのテクノロジーソリューションは、構想、設計から調達、サービスまで、製品ライフサイクル全体にわたり、お客様の製品の開発、運用、サービスの変革を促進します。1985年に設立されたPTCは、世界各国に6,000名以上の従業員を有し、グローバル規模で分散化し急速に変化する製造業界に携わる28,000社を超える顧客企業を支援しています。

【PTCジャパンについて】
米PTCの日本法人(本社:東京都新宿区)。CAD、製品ライフサイクル管理 (PLM)、アプリケーション ライフサイクル管理 (ALM)、サプライチェーン マネジメント (SCM)、サービス ライフサイクル管理 (SLM) の各テクノロジーソリューションにより、製造業における顧客企業を支援。全社に渡り製品イノベーションへの貢献を可能にする新しい設計ソフトウェアファミリーの PTC Creo、製品データ管理/製品開発コラボレーション/製品分析・品質ライフサイクル管理の PTC Windchill、ソフトウェア要件管理/変更・構成管理/テスト管理/実装管理のPTC Integrity、ダイナミック・パブリッシング・システムの PTC Arbortext、技術情報/サービスナレッジ管理/補修部品管理/保証・契約管理/フィールドサービス管理/サービス物流管理のPTC Servigistics、工学技術計算の設計と文書化を同時に行える PTC Mathcad といった革新的なソフトウェア製品、および製品開発業務プロセス改革コンサルティング、製品教育サービス、テクニカルサポートを提供しています。1992年3月設立。国内4事業拠点。Webサイト: (リンク »)

PTCのTwitter、Linked In、およびYouTubeは、以下のURLよりフォロー、ご視聴いただけます。
Twitter: (リンク ») 、 (リンク »)
YouTube: (リンク »)
Linked In: (リンク »)
Facebook: (リンク »)
PTCのソーシャル メディア ディレクトリ: (リンク »)

* PTCの社名、ロゴマークおよびWindchill、Creo、Integrity、Arbortext、Servigistics、MathcadなどすべてのPTC製品の名称およびロゴマークは、PTC Inc.(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。