バリオセキュア、インテリアを重視するデザインオフィスや飲食店に向けた、無線LAN対応セキュリティ機器「VCR-Vario Communicate Router北欧版」の限定販売を開始。

バリオセキュア株式会社 2014年04月25日

From DreamNews

バリオセキュア株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長: 稲見 吉彦、以下バリオセキュア)は、北欧デザイナーによる「VCR-Vario Communicate Router北欧版」の限定販売を6月1日より開始することを発表いたします。
企業向けネットワークセキュリティの専門企業であるバリオセキュアでは、インテリアを重視するデザインオフィスやカフェ、レストラン、医療施設等に向けて、ネットワーク・セキュリティ対策や無線LAN環境の構築が可能な「VCR-Vario Communicate Router北欧版」の販売を開始いたします。
 「VCR-Vario Communicate Router北欧版」は、フィンランドにおいて豊富なデザイン経験を持つEmma Hagman(エマ・ハグマン)によりデザインされ、多様なインテリアとの親和性の高い2種類のデザインとカラーバリエーションにより、従来の通信機器の持つイメージを払拭し設置環境への柔軟な適応を可能にしました。
機能面においても、先進的なセキュリティ技術により、幅広いご利用ニーズに対応したセキュリティ対策、ユーザ管理、メールセキュリティ、レポーティング等への対応や、無線LAN環境の構築を「VCR-Vario Communicate Router」1台で実現することが可能です。

 「VCR-Vario Communicate Router北欧版」は、2014年6月4(水)、5(木)、6(金)に東京ビッグサイトで開催される、インテリア・デザイン市場のための国際見本市interiorlifestyle TOKYO 2014にて展示を行い、実機を手にとってご覧いただく機会を設けております。

また、インテリアとの更なる親和性を求められるお客様に向けた「VCR-Vario Communicate Routerカスタマイズデザイン」の提供も併せて開始いたします。「VCR-Vario Communicate Router」本体の全面パネルと上面に、インテリアのデザインエレメントとして機能するグラフィック/写真、タイポグラフィー、パターン等を特殊印刷することにより、従来の通信機器ではありえなかった自由度の高いインテリアとの調和を実現いたします。
《バリオセキュア株式会社について》
バリオセキュアは、多様なセキュリティ機能を実装したセキュリティアプライアンス機器「VSR-VarioSecure Router」の製造ならびに VSR を使用したマネージドセキュリティサービスの提供と、UTM 機器「VCR-Vario Communicate Router」の販売を行っています。米国に本社を持つコンピュータセキュリティ監査の最大手である ICSA の Firewall 認定を取得している国内唯一のメーカーとして、また、多様なセキュリティソリューションを提供するソリューションプロバイダとして、お客様のニーズにいち早く対応し、常に先進のセキュリティ/ネットワークソリューションをご提供する企業を目指します。


【本リリースに関するお問い合わせ先】
バリオセキュア株式会社 
住所   :東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー14F
TEL   :03-6416-5080(平日9:00~18:00)
E-mail  :pr@variosecure.net
Webサイト: (リンク »)


以 上




関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]