AstraZeneca PLC 2014年第1四半期業績

アストラゼネカ株式会社 2014年04月25日

From Digital PR Platform


この資料の正式言語は英語であり、その内容およびその解釈については英語が優先します。英文のプレスリリースはこちらからご覧下さい。 (リンク »)

なお、プレスリリース全文の日本語訳は5月上旬を目途に弊社ホームページに掲出する予定です。
(リンク »)

2014年4月24日ロンドン発

AstraZeneca PLC 2014年第1四半期業績

○第1四半期の売上は恒常為替レート(CER)ベースで3%増。糖尿病フランチャイズ全体の連結が売上増に2ポイント寄与。すべての成長基盤が力強く成長。
 -売上はCERベースでBrilintaが94%増の9,900万ドル。糖尿病が106%増の3億4,700万ドル、呼吸器が12%増の12億7,800万ドル、
   新興市場が11%増の14億2,100万ドル、日本が13%増の5億3,700万ドル。

○中核治療領域においてサイエンスのリーダーシップ実現に向けて大きな進捗。
 -AZD9291は米国FDAにより、FDA承認済みのEGFRチロシンキナーゼ阻害剤による治療中病勢が進行した転移、
   EGFR T7980変異陽性、非小細胞肺がん (NSCLC) のBreakthrough Therapy (画期的治療薬) の指定を受けました。
 -OlaparibはBRCA変異陽性、プラチナ感受性再発卵巣がんの適応で米国FDAの優先審査の対象として受理されました。
 -MEDI4736, AZD9291, benralizumabおよびtralokinumabに対する第3相開発への投資が決定されました。

○糖尿病アライアンスのBMSの持ち分の統合は計画どおり進行中。米国でのFarxigaの強力な上市およびForxigaのドイツにおける継続的な成功と日本における承認取得。

○当社は2014年通年の財務ガイダンスを維持しています。

最高経営責任者パスカル・ソリオ (CEO) の業績に関するコメント
「第1四半期は全社的に勢いが継続されました。売上の伸長は力強い業績を達成した5つの成長基盤による貢献がさらに向上していることを反映しています。
中核治療領域におけるサイエンスのリーダーシップの達成に向けて果たしている大きな進捗を嬉しく思っています。当社はオンコロジーと呼吸器疾患において4つのプログラムを第3相に進めることを決定しました。FDAによるAZD9291の非小細胞肺がんにおけるBreakthrough Therapy (画期的治療薬) 指定およびorapalibに付与された卵巣がんにおける優先審査指定はアストラゼネカが患者さんにもたらすことのできる独自のサイエンスの実例です。
当社は迅速に進捗するパイプラインおよび成長回復戦略のバックボーンである主要基盤に投資しています。組織全体の焦点をさらに絞り込むため、当社は引き続きリソースを最優先事項に再配分するとともに当社のパイプラインおよびポートフォリオの価値を最大化する機会を追求していきます。」

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]