ライカ マイクロシステムズ、超解像顕微鏡10周年記念

ライカマイクロシステムズ株式会社 2014年04月28日

From Digital PR Platform


ライカマイクロシステムズ株式会社(社長:上野 隆、東京都新宿区)は、2014年にライカTCS SP8 STED 3X の発売を開始しました。
2004年に、ライカマイクロシステムズは、最初の商用超解像顕微鏡、ライカTCS 4PIの販売を開始し、光学顕微鏡に革命をもたらしました。超解像技術は、ナノレベル、分子レベルでの細胞観察を可能にしました。更に、この10年間で、ライカマイクロシステムズは継続的に超解像製品を開発し、今日では共焦点レーザースキャニング顕微鏡ベースのSTED (STimulated Emission Depletion)と蛍光顕微鏡ベースのGSDIM / dSTORM (Ground State Depletion followed by Individual Molecule return/direct Stochastic Optical Reconstruction Microscopy) の2つの方式の超解像を提供しています。

2014年、ライカマイクロシステムズが超解像顕微鏡でイノベーションを起こして10年目を迎えます。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]