臨床検査・衛生検査領域に貢献した人に贈られる「福見秀雄賞」を下村弘治教授が受賞(5月30日贈呈式)

文京学院大学 2014年05月01日

From Digital PR Platform


文京学院大学の保健医療技術学部・下村弘治教授が、この度、第33回「福見秀雄賞」を受賞しました。5月30日(金)午後2時から東京會舘(東京都千代田区丸ノ内3-2-1)にて贈呈式が行われます。

「福見秀雄賞」は、臨床検査・衛生検査領域に半生を捧げ、技術の開発、向上に努力し、かつ後進の指導育成に貢献のあった方に贈呈されています。本賞は、1980年、小島三郎記念技術賞の創設15周年を記念し、小島三郎記念技術特別賞(福見秀雄賞)として創設され、1983年には「福見秀雄賞」へと改称されました。5年ごとの特別賞授与は、改称とともに毎年1回の授与となり、今年で33回目を迎えます。

下村弘治教授は、2012年4月から臨床検査学科の学科長を務めています。現在は、「生体のストレスマーカー」や「活性酸素と生体障害の機構」などを主な研究テーマとしています。

<本件に関するお問い合わせ先>
文京学院大学(学校法人文京学園 法人事務局総合企画室)
担当:三橋 / 山口
部署番号: 03-5684-4713

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。