◎QT VascularがシンガポールでChocolate PTAの治験開始

QT Vascular 2014年05月07日

From 共同通信PRワイヤー

◎QT VascularがシンガポールでChocolate PTAの治験開始

AsiaNet 56678
共同JBN 0502 (2014.5.7)

【シンガポール2014年5月7日PRN=共同JBN】
*Chocolate(登録商標)PTAはシンガポールの末梢(まっしょう)動脈疾患患者に恩恵を与えるだろう

QT Vascular Ltd. はChocolate PTAバルーンカテーテルの治験をシンガポールで開始したと発表した。5件の治験が国立大学病院(NUH)とチャンギ総合病院(CGH)で実施された。

処置が行われた後、CGHの心臓血管外科医で末梢動脈疾患(PAD)治療の専門家であるスティーブン・クム博士は「私は膝上、膝下の重症患者数人を治療して以来、Chocolate PTAは永久的なインプラントを使わずに外傷の少ない治療を提供するので、末梢血管疾患研究で重要な役割を果たすと信じている。また、適切な治療オプションがないためシンガポールで多い膝下疾患に対する薬剤コーティングChocolateバルーンの可能性について大変興奮している」と述べている。

NUHの動脈血管・血管内外科部長のジュリアン・ウォン博士はこれに付け加えて「クム博士と全く同意見だ。Chocolate PTAはより均一的な血管形成結果をもたらし、内膜解離はより少ない。膝下、膝上の複雑な病変でステントの使用を減らせる大きな可能性がある」と語っている。

Singapore Health Servicesによると、PADはシンガポールで四肢喪失(切断)の主な原因である。しかし、ほかの血管床の疾患、つまり冠動脈血管疾患や脳血管疾患ほど大きな注目を受けていない(1)。

Chocolate PTAの設計はPTAバルーンカテーテルの画期的な進歩を代表している。Chocolate PTAはPADとして知られる脚の動脈血管疾患患者の治療に使われる。これは末梢動脈血管構造の予測可能な均一的で外傷の少ない拡張を提供するように設計された。Chocolate PTAは米国での臨床研究で解離と離脱ステント使用の率が非常に低いことが示されている(2)。

QT Vascularの製品パイプラインには薬剤コーティング・Chocolateバルーンが含まれている。これはChocolate PTAの急性の効能と動脈が時間とともに再狭窄(きょうさく)するのを予防する効果を示している増殖抑制剤のpaclitaxelベースのコーティングを組み合わせている。

QT Vascularのエイタン・コンスタンティーノ最高経営責任者(CEO)は「これらの権威ある機関で実施された治験は改善されたPAD治療オプションを患者にもたらすためのQT Vascularの旅で重要なマイルストーンを意味する。わが社の本拠地であるシンガポールで患者を治療することに大変興奮している」と述べている。

▽末梢動脈疾患について
末梢動脈疾患(PAD)は動脈壁に集まり、粘着した脂質がアテローム性動脈硬化として知られる過程で肥大することで起こる。肥大によって動脈の内壁が厚くなり、動脈を狭め、必要不可欠な組織、器官への血流が抑制される。一般に影響を受ける動脈は脚、腕、首、腎臓などである。PAD患者の大部分は重大な冠動脈疾患(CAD)を併発し、これらの患者の罹患(りかん)率、致死率の大きな部分は心筋梗塞、虚血性脳卒中、心臓血管死に関連している。PADにかかっている人は世界で2億200万人と推定されている(3)。

▽QT Vascularについて
QT Vascular Ltd.(QTV)は複雑な動脈血管疾患治療用の次世代最低侵襲製品の開発、商業化の新興リーダーである。同社は世界各地の有力な医師、科学者と緊密に協力して処置の結果、臨床結果を改善する差異化された機器をつくり出している。QTVの本社はシンガポール、米国子会社のTriReme Medicalは米カリフォルニア州プレザントンにある。同社の株式は2014年4月29日にthe Singapore Exchange Securities Trading LimitedのCatalistに上場された。



   (1) Singapore Health Services website ( (リンク ») )

   (2) Das T for Mustapha J. Chocolate(R) Bar, Leipzig Interventional Course,
28-31 January, 2014.

   (3) "Comparison of global estimates of prevalence and risk factors for peripheral artery disease in 2000 and 2010: a systematic review and analysis." 19 Oct 2013. The Lancet.

同社の株式は2014年4月29日にthe Singapore Exchange Securities Trading Limited(「SGX-ST」)のCatalistに上場された。同社の新規株式公募はPrimePartners Corporate Finance Pte. Ltd.(「スポンサー」)がスポンサーとなって実施された。

このプレスリリースは同社によって準備され、その内容はSGX-STの関連法規順守のため、スポンサーによって審査された。スポンサーはこのプレスリリースの内容を独自に確認したわけではない。

このプレスリリースはSGX-STによって調査、承認されたものではなく、SGX-STはこのプレスリリースで表明される声明、意見あるいはプレスリリースに含まれる報告の正しさを含め、このプレスリリースの内容に責任を負うものではない。

ソース:QT Vascular

▽問い合わせ先
Mr Mark Liew
Managing Director
Corporate Finance
+65-6229-8088

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]