「(仮称)三井アウトレットパーク クアラルンプール国際空港(KLIA)」 「(仮称)台湾林口アウトレット計画」 着工 2015年に開業へ

三井不動産株式会社 2014年05月08日

From Digital PR Platform


■ 三井不動産株式会社は、開発計画を公表後、鋭意事業を進めてまいりましたマレーシア・クアラルンプールにおける「(仮称)三井アウトレットパーク クアラルンプール国際空港(KLIA)」および台湾北部新北市における「(仮称)台湾林口アウトレット計画」両計画の建築工事に着手しましたので、お知らせいたします。


■「(仮称)三井アウトレットパーク クアラルンプール国際空港(KLIA)」は、東南アジアにおける当社初のアウトレットモール事業であり、共同事業パートナーである「Malaysia Airports Holdings Berhad」との合弁会社「MFMA Development Sendrin Berhad」が事業主体となります。最終的には東南アジアにおける最大級のアウトレットモール施設へと拡張する予定です。第1期は、4月1日に着工し、2015年初頭に竣工、開業の予定です。


■「(仮称)台湾林口アウトレット計画」は、台湾における当社グループ初の事業であり、共同事業パートナーである台湾大手のコングロマリット「遠雄(FarGlory)グループ」の中核企業「遠雄建設事業股?有限公司」との合弁会社「三新奧特?斯股?有限公司」が事業主体となる台湾北部最大級のアウトレットモール計画です。4月25日に着工し、2015年後半に竣工、開業の予定です。


■ 両計画においては、当社がこれまで日本国内の三井アウトレットパークをはじめとする商業施設や2011年に海外初の商業施設として開業した中華人民共和国浙江省寧波市における「杉井アウトレット広場・寧波」で培ってきた施設の開発、テナントリーシング、運営などのノウハウを最大限に活かしつつ、現地の商慣習に合わせて開発を推進しております。


■ 当社グループは、海外事業を成長分野の一つに位置づけ、アジアでは、中華人民共和国浙江省寧波市のアウトレットモールに続き、今後、上海金橋でららぽーとを開発・運営する計画です。また、シンガポールや中華人民共和国、近年はマレーシア、タイ王国、インドネシア共和国でも住宅事業に参画し、事業展開しております。今後さらに東南アジアにおいて、経済成長と都市化の進展により需要が拡大する住宅分譲事業と、個人消費の成長を取り込める商業施設事業を中心に、事業の拡大を図っていくことを成長戦略の一つの柱としています。なお2012年に公表した2017年度までのグループ中長期経営計画「イノベーション2017」では、計画期間中に欧米・アジアにおいて約5,000億円の投資を行うことを表明しています。


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

三井不動産株式会社の関連情報

三井不動産株式会社

三井不動産株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]