PHPコラム『関数処理関数編 その2』

ヒューマンリソシア株式会社 2014年05月27日

ヒューマンリソシアで、親方こと格子組の古庄道明氏によるPHPコラム『関数処理関数編 その2』が公開されました。

###
関数処理の第二回でございます。…多分「関数処理」&「関数」編は結構な長丁場になりますので、
少しばっかり、腰を据えておつきあい頂ければ、と思います。
というわけで早速…今回はまず「可変長引数」についてでございます。

おいちゃん的に、可変長引数と言えばやはりprintf系列の関数群を想起するのですが…まずは極々簡単に、
printfの書式のおさらいをしておきましょう。
「可変長」の辺りのニュアンスをくみ取って頂きたいので、恣意的に2~3パターンほど。

printf(“test1\n”);
printf(“test2 %d\n”, 10);
printf(“test3 %d %s\n”, 10, ‘hoge’);
printf(“test4 %d %s %f\n”, 10, ‘hoge’, 1.23);

printfなどは、このように「第一引数の文脈によって、引数の数がころっころと変わる」関数になります。
ちなみに引数が「余る」場合は放置、「足りない」場合は”Warning: printf(): Too few arguments in “という、
警句レベルのメッセージが飛び交います辺りは、以下でご確認ください。

printf(“test5 \n”, 10, ‘hoge’, 1.23); // 「余る」サンプル
printf(“test6 %d %s %f\n”); // 「足りない」サンプル

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ヒューマンリソシア株式会社の関連情報

ヒューマンリソシア株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。