◎MNX役員会がP・J・マーティンズ氏を最高経営責任者に指名

MNX 2014年05月29日

From 共同通信PRワイヤー

◎MNX役員会がP・J・マーティンズ氏を最高経営責任者に指名

AsiaNet 56842
共同JBN 0566 (2014.5.29)

【アーバイン(米カリフォルニア州)2014年5月28日PRN=共同JBN】MNXは28日、同社役員会がポール・J・マーティンズ(Paul J. Martins)氏を2014年6月4日付で最高経営責任者(CEO)に指名したと発表した。

Logo - (リンク »)

MNX役員会のマット・デーリー会長は「役員会はポール・J・マーティンズ氏を喜んでCEOに迎える。マーティンズ氏は運輸とロジスティクス業界で豊富な経歴を持っており、世界的進出とサービス強化を通じて事業を成長させてきた優秀な記録をもっている。強力な管理チームの開発と統率で彼が発揮してきた能力によって、MNXは現在および将来の顧客の需要に十二分に対応し続ける力を確保することになる」と語った。

マーティンズ氏は、戦略的プランニング、財務管理、販売、マーケティングで広範な経験を有し、国際的ロジスティクス業界で29年間の経験を持つベテランである。彼はこれまでにUPS、Mercury Air Cargo, Inc.、Towne Air Freight、そして最近のPacific Logistics Corp.など、各社で指導的立場を経験している。マーティンズ氏はこれまでの経歴で、組織の哲学と使命の達成を促進する戦略的イニシアチブを発揮し、グローバルベースで一貫して期待以上の成果を上げてきた。

マーティンズ氏は以下のように語っている。「世界的な時間重視のロジスティクス業界リーダーであるMNXに加わることに興奮している。顧客は常に、彼らの複雑なロジスティクス問題に対するMNXの独自のソリューションに信頼を置いており、この信頼が持続的な成長と成功を可能にしている。われわれの人員、プロセス、技術、直接支援、関係当事者からのサポートは、MNXが当社顧客にこれらの約束を果たす上で力となる指針である」

MNXは、世界中の戦略的エンド・マーケットでサービス内容と充実度を強化し続ける。生命科学、医療機器、航空業、エンターテインメント産業の広範な顧客にサービスを提供する専門的ロジスティクス・サービスのプレミアム・プロバイダーとして、当社顧客はMNXを安心してロジスティクスを提供する企業として信頼している。

▽MNXについて
MNXは生命科学、医療機器、航空、エンターテインメント業界に奉仕する専門的な急送とロジスティクス・サービスの一流の世界的プロバイダーである。これらの企業は世界各地の重要品急送におけるMNXの特別な記録を頼りにしている。

米カリフォルニア州アーバインに本社を置くMNXは、シンガポールとロンドンに地域本社を置いている。MNXは重要なアジア太平洋、EMEA市場を含む約190カ国で活動している。。www.mnx.com

▽報道関係問い合わせ先
Ken Ying
MNX
+1-310-981-0919
kenneth.ying@mnx.com

ソース:MNX

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。