書籍紹介アプリ「Quickreads」をリリース

株式会社情報工場 2014年06月04日

From Digital PR Platform


書籍キュレーションサービス大手の株式会社情報工場(所在地:東京都港区、代表取締役社長:藤井徳久、以下情報工場)は、6月4日より、話題の本や良書のエッセンスを3分で読める1,200字で配信するスマートフォン用アプリ「Quickreads(クイックリーズ)」(iOS / Android版)の提供を開始します。「Quickreads」はデータセンター・インターネット事業会社の株式会社データホテルと共同で開発を行っています。

情報工場は、2005年より、ビジネスパーソンの視野拡大に役立つ書籍を幅広いラインナップから厳選し、そのエッセンスを3,000字にまとめてオンラインで提供する書籍ダイジェストサービス「SERENDIP(セレンディップ)」を展開しています。多忙なビジネスパーソンが効率的に良書や新たな知識に触れることができるツールとして、大手上場企業の経営陣や管理職を中心に約4万人が利用しており、高い評価を受けています。

今回リリースされる「Quickreads」は、SERENDIPのライト版として、ビジネス書・実用書を中心に話題の新刊書を1,200字程度で紹介するアプリです。多忙なビジネスパーソンはもちろん、新入社員や就活生も時間や場所を選ばず、スマートフォンでニュースを読むような気軽さで様々な書籍の内容を知ることができます。1,200字の要約読了後には内容に関するクイズがあり、理解度をチェックできるほか、外部の書店ECサイトとの接続により、気になる本はそのまま購入することも可能です。書籍のラインナップは多岐に渡り、毎週5冊ずつ追加されるほか、時事ネタや職種別のテーマでキュレーションした10冊を紹介する特集も月替わりで行います。

「Quickreads」のダウンロードは無料で、無料会員でも本の要旨、著者プロフィールは全て閲覧でき、さらに1200字の要約を6冊までダウンロードすることができます。また、月額300円の有料会員に登録すると、すべてのコンテンツを無制限でご覧いただくことができます。iOS版およびAndroid版の両方で、6月末日までの期間、有料会員登録をすると1か月の無料購読期間を提供するキャンペーンを実施します。

情報工場は、「Quickreads」のサービスを通じて、ニュースを読むように様々な良書と出会う機会を創り出し、読書を身近に感じていただく機会を提供してまいります。


【スマートフォン用アプリ「Quick reads」概要】

・タイトル:「Quickreads」
・アプリ価格:無料
・月額会員料金:300円(税込)
 ※ 無料会員は著者プロフィール、要旨を全て閲覧でき、1200字の要約を6冊までダウンロード可
・対応機種:
  ios…iPhone 4、4S、5、5C、5S(いずれもiOS 6.0以降)
  Android…Android 2.3 以上
・サイズ:5.1MB
・ジャンル:ビジネス
・ランディングページURL: (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]