◎A4WPがワイヤレス給電規格Rezenceの充電能力拡大 タブレット、PCにも対応

The Alliance for Wireless Power (A4WP) 2014年06月04日

From 共同通信PRワイヤー

◎A4WPがワイヤレス給電規格Rezenceの充電能力拡大 タブレット、PCにも対応

AsiaNet 56909
共同JBN 0595 (2014.6.4)

【台北2014年6月4日PRN=共同JBN】
*Alliance for Wireless Power(A4WP)のRezence(商標)規格は空間的自由度を備えて、ワイヤレス給電高出力機器に対する初の規格となる

*富士通、鴻海科技集団(フォックスコン)、レノボ、ロジテック、パナソニックなどの加盟でA4WP会員数は100社を超えた

ワイヤレス給電の標準化団体Alliance for Wireless Power(A4WP、 (リンク ») )は4日、Rezenceに基づくワイヤレス充電能力の拡大に継続的な弾みを付け、初めて最高50ワットまで多様な機器にワイヤレス給電能力を与えることになった。50ワットまで規格を広げることで、Rezence技術を使う一連の機器の能力は、スマートフォンのほかにラップトップ、タブレット、その他家電製品を含めて広がる。近々予定されている迅速な製品発売、パブリケーション、既存のスマートフォン/携帯電話機向け認証プログラムであるBaseline System Specification(BSS)および認証プログラムのアップグレード( (リンク ») )のサポートは今年末までに予定されている。

 Photo - (リンク »)

よく知られたタブレット、PC、周辺機器企業がアライアンスに加入しており、会員社は総数100社を超えた。デル、富士通、鴻海科技集団(フォックスコン)、レノボ、ロジテック、パナソニックは、多様な家電機器の中にワイヤレス給電を統合する目的でA4WPに加入した。広範な業界支援と持続するモメンタムは、Rezence技術の拡張性、柔軟性、消費者利益への全体的な関心と投資の裏付けである。

レノボのピーター・ホルテンシウス最高技術責任者(CTO)は「ラップトップ、スマートフォン、あるいはアクセサリーを容易にワイヤレス給電する能力は、日常生活の一部になってきた有線から解き放される強力な移行の表れである。われわれはさまざまなワイヤレス給電技術を評価した結果、6.78 MHzで動作するA4WPシステムが顧客のニーズに最も適していると判定した。同システムは消費者すべての機器を容易に給電するため必要なパワーと利便性を提供する」と語った。

6.78 MHz以下の周波数のワイヤレス給電技術は、技術的な制約を受けて、消費者が受け入れられるやり方でより高出力の実現を目指すことは難しくなる。これら技術に関係する企業組織は現在なお、10-15ワット範囲で給電することを話し合っているが、Rezence技術は多くの機器の給電を支援するとともに垂直あるいは水平方向に自由に配置して真に簡便なユーザー経験が得られる1-50ワット範囲のワイヤレス給電ソリューションを提供する。Rezenceの仕様はまた、磁気共鳴技術の独自機能である同じ帯電面で、異なる電力要件を持つ複数の機器のワイヤレス給電をサポートする。

ロジテックのマルセル・ストーク上級副社長は「ロジテックはコンピューター、モバイルアクセサリー、ゲーミング、ミュージック製品を含む電源域にまたがる多くの家電機器を製作している。柔軟性と拡張性両面による汎用(はんよう)のワイヤレス給電ソリューションを持つことは、消費者が給電を必要とするさらに多くの機器を購入している時代にあって重要なことである。Rezenceは論理的に見て、われわれが優れた顧客体験の提供を可能にするのに適している」と語った。

A4WPのカミル・グライスキ会長は「Computex見本市でA4WP会員社が強調したように、ワイヤレス電力はパッド上で電話機に給電するだけのものではない。柔軟性ということは給電とその位置の両面で、ニッチ市場(隙間市場)を超えてワイヤレス給電を広げるカギである。A4WP会員社は新しい利用モデルを実現するRezence仕様の拡大を進めている。Rezenceの利用拡大は、ラップトップ、タブレット、周辺機器を含めて、すべてのユーザーに有線を使わず汎用の給電体験に向かうため必須の手段である」と語った。

Intel、Broadcom、MediaTek、PowerWoW、iCirroundを含むA4WP会員は 6月3-7日に台北で開かれるComputex 2014で、Rezenceによる各種デモ公開を開催する。

Rezence利用可能な自由空間のビデオ公開は (リンク ») を参照。

▽Alliance for Wireless Powerについて
Alliance for Wireless Power(A4WP)は、Rezence(商標)ワイヤレス給電規格に基づく世界的なワイヤレス給電エコシステムの構築に専念する独立非営利組織である。A4WPの使命は消費者に最高のワイヤレス給電経験を提供する市場に相互運用可能なさまざまな製品基盤をもたらすことである。A4WPは2012年に創設され、100社余りの会員社を集め、理事会メンバーはBroadcom Corporation(NASDAQ:BRCM)、Gill Electronics、Integrated Device Technology,Inc.(NASDAQ:IDTI)、Intel(NASDAQ: INTC)、クアルコム(NASDAQ: QCOM)、サムスン電子、Samsung Electro-Mechanics、WiTricity Corporation。

詳しい情報はvisit www.rezence.comを参照。

ソース:The Alliance for Wireless Power (A4WP)

▽メディア問い合わせ先
Chris Prouty, MWW for A4WP,
a4wp@mww.com,
+1-415-987-5491

▽A4WP会員制度問い合わせ先
Naveen Khan,
A4WP Administrative Coordinator,
nkhan@a4wp.org,
+1-510-492-4027

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]