◎OptosecurityがSmiths Detectionとの合意に署名

Optosecurity Inc. 2014年06月09日

From 共同通信PRワイヤー

◎OptosecurityがSmiths Detectionとの合意に署名

AsiaNet 56983
共同JBN 0630 (2014.6.9)

【ケベック(カナダ)2014年6月9日PRN=共同JBN】OptosecurityとSmiths Detectionはこのほど長期最終合意契約書に署名し、両社で規制コンプライアンスまたは安全性を損なわずに警備チェックポイントの運営費を削減できる高度なチェックポイント・エンタープライズ・ソフトウエア・ソリューションを開発、販売していくことになった。

これは両者間の合意としては2回目のものになる。過去2年にわたって行われてきた最初の合意はOptosecurityの「Optoscreenerソリューション」の販売、流通に関する協力合意であるが、この高度な探知アルゴリズムを備えた自動探知ソフトウエアはSmiths Detectionのエックス線チェックポイントシステムと組み合わせて使うと液体爆弾、ボトル、武器の自動的な探知が可能になり、その他高度なリスク管理ソリューションも備えている。

Optosecurityのエリック・ベルジュロン社長兼最高経営責任者(CEO)は「当社はチェックポイント技術で世界をリードするSmiths Detectionと共同することを喜んでいる」と述べた。両社が共同して市場に出すビジネス・ソリューションは、安全性を損なわずにセキュリティー検査を行う際の経済性および効率を向上させるものになる。ベルジュロン社長は「われわれ2社が協力した技術を使えば、乗客の検査作業を向上させ、運転費用も下げてチェックポイントの効率性を向上できるが、同時に今日求められている厳しい安全基準も満たしている」と述べた。

▽Optosecurityについて
Optosecurityは空港およびその他の重要なインフラストラクチュア環境でのチェックポイント警備に向けた運営効率が良い脅威探知ソリューションを提供している。Optosecurityは世界で最初に手荷物の遠隔スクリーニングの集中化を可能にしており、さらに液体爆薬や他の脅威の自動的な探知を可能にする脅威探知ソフトウエアを提供している。Optosecurityソリューションは欧州民間航空会議およびその他の規制組織による認証を受けている。2003年に創立され、カナダ・ケベックに本社を置くOptosecurityは光学とフォトニクス分野で世界有数の総合研究機関であるカナダの先端開発機構、National Optics Instituteの技術スピンオフ企業である。

▽Smiths Detectionについて
Smiths Detectionは世界の民事、軍事市場に向けの高度なセキュリティー・ソリューションを提供しており、爆薬および化学、生物物質、放射能、核などの脅威、武器、麻薬、貿易禁制品などを検知、同定する手助けをする規制技術製品を開発、製造している。同社は脅威および貿易禁制品探知、エネルギー、医療デバイス、コミュニケーション、エンジニアリング部品の市場に向けた総合的かつ高度な技術の応用で世界をリードするSmiths Groupの一部門である。Smiths Groupは50以上の国で約2万3000人を雇用している。

ソース:Optosecurity Inc.

▽報道関係問い合わせ先
Nancy Ruel
+1-418-653-7665 ext. 116
nruel@optosecurity.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。