平成26年度石炭研修事業(国内受入研修)を開始

JOGMEC 2014年06月10日

From Digital PR Platform


 JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:河野博文)は、6月3日(火)、北海道釧路市にある炭鉱技術研修センターにて、石炭研修事業(国内受入研修)を開始しました。

 本研修は、海外の産炭国から研修生を受入れ、我が国の炭鉱技術を移転することによって、我が国への安定的な石炭供給の確保を目的としています。

 研修生は、各コースによって6週間あるいは12週間の研修を受講します。我が国に蓄積されている石炭坑内掘りの「保安技術」や「生産技術」を学び、「保安第一、生産第二」の理念を身に付け、ベトナムにおける炭鉱保安の向上や石炭生産の安定化に成果を上げるものと期待されています。

 なお今年度の研修事業としましては、ベトナムと中国を合わせて合計150名の研修生を受入れる予定です。


  
  
→ 詳細を読む
(リンク »)
  
  

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]