◎LABORIEがBUCKを買収 骨盤底機能障害治療などで協力

Laborie Medical Technologies 2014年06月19日

From 共同通信PRワイヤー

◎LABORIEがBUCKを買収 骨盤底機能障害治療などで協力

AsiaNet 57104
共同JBN 0677 (2014.6.19)

【トロント(カナダ)2014年6月18日PRN=共同JBN】カナダのオンタリオ州トロントに本拠地を置くLaborie Medical Technologies, Inc. ("LABORIE")は、BUCK Elektromedizin GmbH とBUCK Meditec GmbH & Co.の買収を完了した。ドイツのバートラペノーに本拠地があるBUCKは尿・便失禁治療における骨盤底機能障害のための革新的で先端的なバイオフィードバック、電気的刺激装置、アクセサリー、消費財を開発、販売している。

LABORIEのブライアン・エラコット社長兼最高経営責任者(CEO)は次のように語った。「LABORIE と BUCK はヘルスケアプロフェッショナルを支援するというコミットメントを共有している。よりよい製品とサービスを供給し、われわれの製品を使用する人々の生活が報われ、尊厳を取り戻すことが必要だ。既存の製品をBUCKの幅広い消費者ベースを組み合わせることによって、われわれはより大きな革新的な製品を供給することが可能になり、ドイツの泌尿器科の医師が患者に対してより優れたケアを実現できるようになる」

LABORIEによるBUCKの買収によって排便筋のリハビリテーションにおける市場をさらにリードすることが可能になる。買収はまた、ドイツ市場における LABORIEのプレゼンスが拡大し、15の国内販売代理人が加わることになる。代理人はLABORIEとBUCK双方の全製品を販売する。

BUCKのマネジングディレクター、フランツ・デトリング氏は次のように語った。「泌尿器科関係のグローバルリーダーとパートナーになることに興奮している。ドイツの泌尿器科医師たちへの支援の幅が広がり、われわれのユニークな便失禁治療が世界に広がることになるからだ」

▽ LABORIEについて
LABORIE はグローバルな立場で革新的な医学テクノロジーと尿・便失禁の診断と治療に使われる消費財の開発、製造、販売業者であり、同時にその他の泌尿器科や婦人科、結腸直腸分野での骨盤底機能障害にも対応している。

LABORIEは 非上場株式会社、Audax Group の傘下にあり、米マサチューセッツ州ボストンに本拠がある。

LABORIEの総合製品ラインに関する詳しい情報は (リンク ») を参照、もしくは +1 905.612.1170まで問い合わせを。

ソース: Laborie Medical Technologies

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。