FILCO メッキ加工技術を施したカスタムキーボード3種類の販売を開始

ダイヤテック株式会社 2014年06月20日

From 共同通信PRワイヤー

2014/6/20

ダイヤテック株式会社

世界トップレベルを誇る日本のメッキ加工技術を施したカスタムキーボード「24Kゴールド 金メッキ」「シルバー クロムメッキ」「パールグレー 三価黒色クロムメッキ」3種類の発売を開始

ダイヤテック株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鍋田 邦汎)は、2014年6月20日より、セミオーダーメイドキーボード販売サイト「FILCO キーボード工房」( (リンク ») )にて、日本のメッキ加工技術を施したキーボードフレームの新製品3種 「24Kゴールド 金メッキ」「シルバー クロムメッキ」「パールグレー 三価黒色クロムメッキ」の発売を開始致します。
また、今回発売するメッキ加工モデルでは、これまでキーボード工房で取扱いをしていなかった「Majestouch MINILA USBシリーズ」、「Majestouch MINILA Airシリーズ」もラインナップに加えましたので、キーボード工房のバリエーションを新たに168機種追加しました。


■ 新キーボードフレームのご紹介 ■

◆24Kゴールド 金メッキ加工
キーボードのアッパーケースに24Kメッキ加工を施したプレミアムモデルです。
梨地のキーボードケースに金メッキ加工を施してあるので指紋が付きにくく、24 Kの煌めきをより一層際立たせたゴージャスな仕上がりとなっています。

◆シルバー クロムメッキ加工
キーボードのアッパーケースにクロムメッキ加工を施したモデルです。
梨地のキーボードケースにクロムメッキ加工を施してあるので指紋が付きにくく、硬くて優美なシルバーの被膜は耐食性と耐摩耗性を兼ね備えています。

◆パールグレー 三価黒色クロムメッキ加工
キーボードのアッパーケースに三価黒色クロムメッキ加工を施したモデルです。
梨地のキーボードケースに三価黒色クロムメッキ加工を施してあるので指紋が付きにくく、硬くて落ち着いたパールグレーの被膜は耐食性と耐摩耗性を兼ね備えています。


■FILCOキーボード工房
(リンク »)

【FILCOキーボード工房とは】
FILCOキーボード工房では、専用に用意したオリジナルアッパーフレームと日本語・英語などのキー配列、打鍵感の異なる4種のキースイッチなどをお客様ご自身が自由に組み合わせ、お気に入りのキーボードを作ることができる販売サイトです。注文が入ってから商品を組み立て、在庫切れの場合を除き、1週間以内を目処にお客様のお手元に届けるメーカー直販ならではのサービスです。

[この件に関するお問い合わせ先]
ダイヤテック株式会社 CPS事業部 TEL:03-5688-3421 FAX:03-5688-3456
担当:藤田 メールアドレス:fujita@diatec.co.jp



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]