◎抗生物質は守るべき宝物である

世界反抗生物質耐性同盟(WAAAR) 2014年06月24日

From 共同通信PRワイヤー

◎抗生物質は守るべき宝物である

AsiaNet 57151
共同JBN 0696 (2014.6.24)

【パリ2014年6月23日PRN=共同JBN】
「世界反抗生物質耐性同盟(World Alliance Against Antibiotic Resistance、WAAAR)」が宣言を発表した

多くの人命を救ってきた抗生物質が今では重大な危険状態にある。抗生物質に対する細菌の耐性は増大し続けている。使われる抗生物質の量が主な原因であるこの耐性が今では毎年欧州の2万5000人以上、米国の2万3000人の死の原因だと推定されている。それでもほとんどの国で抗生物質の使用率は増え続けている。

(Logo: (リンク ») )

さらに、この数年、市場に出た新しい抗生物質は極めて少なく、近い将来に市場に出るとみられるものも極めて少ない。したがって、効果的な抗生物質のこのひどい不足は大きな公共保健問題なのである。

現在効果がある抗生物質を守り、新たな抗生物質を発見するための緊急行動が必要とされている。即刻の協力行動がなければ、いくつかの感染症はたちまち治療不可能になり、いくつかの処置(移植、免疫を低下させる治療、大手術など)は実施するには危険が大きすぎることになる。いくつかの院内感染、都市感染症はすでに多剤耐性細菌と結びついており、そのために治療は成功しない。

ジャン・カルレ博士(院内感染症と抗生物質耐性専門の元療法士)を責任者とする「世界反抗生物質耐性同盟(WAAAR)」は2年半前に緊急性とその深刻な危険についてできるだけ理解を広め、効果的な解決策の実施について欧州での対話、国際的な対話を調整するために設立された。

健康管理分野のすべての重要プレーヤーを代表する55カ国以上の700人の国際的グループで、世界各地の140の学会から支持されているこの同盟は23日、その宣言を正式に発表した。

抗生物質の効果を守り、細菌生態系を安定させるための行動を呼びかける宣言と10項目の勧告は以下で入手できる。
(リンク »)

宣言を広めるため、WAAARは機会を利用して世界保健機関(WHO)総会で採択された計画に関する署名入り決議を提出する。

ソース:World Alliance Against Antibiotic Resistance (WAAAR)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。