ますます高まるフランスの存在感 鉄道技術国際見本市 InnoTrans 2014

ベルリン、2014年9月23日~26日

在日フランス大使館 貿易投資庁 2014年06月25日

世界最大規模を誇る第10回InnoTrans(イノトランス)鉄道技術国際見本市で、フランスは再び大きな存在感を発揮します。

9月23日~26日に開催されるイノトランスでは、100社以上のフランス企業がフランスパビリオンに参加し、個別では80社が出展します。総面積1,200 m2、3ホールにまたがるフランスパビリオンは、フランス企業振興機構-ユビフランスが組織しています。特に、車載エレクトロニクス・ソフトウェアを専門とするCENTRALP社、安全装置関連部品の設計・製造のSCOMA社、および鉄道オートメーションを専門とするLEROY AUTOMATION社の3出展者はパビリオンの協賛スポンサーになっています。

フェール・ド・フランス(フランス鉄道産業協会)は、今回のフランスパビリオンのパートナーを務めます。2012年に創設されたフェール・ド・フランスは、行政官庁、交通運営機関、旅客・貨物輸送事業者、鉄道施設管理者、鉄道技術業者、エンジニアリング企業など、公共および民間のすべての鉄道関係事業者の連携を図る新しい組織です。そのメンバーには、アルストム、ARF(フランス地方協会)、ユーロトンネル、FIF(鉄道事業者連盟)、GART(交通機関運転司令機構連合)、運輸担当省、RATP(パリ市交通公団)、RFF(フランス鉄道線路事業公社)、SNCF(フランス国鉄)、Syntec-Ingenierie(コンサルティング企業協会)、およびUTP(公共鉄道交通連合)が名を連ねています。フェール・ド・フランスは、鉄道事業推定売上高300億ユーロ以上で、約34万人の従業員を擁しています。フェール・ド・フランスの会長は、2013年9月24日からPierre Mongin(ピエール・ モンジャン)RATP(パリ市交通公団)総裁が兼務しています。

イノトランスは、ベルリンで隔年開催される一大イベントとして、かねてより延べ14万 m2に及ぶ広大なスペースで屋外展示会と見本市と国際会議を同時開催しています。この種の見本市としては随一のイベントであり、来場者数は回を重ねるたびに増加しています。2012年は、世界49カ国から2,515社が出展し、業界関係者の来場者数は126,000人を数えました。見本市では、2012年に18億ユーロにのぼる成約実績がありました。今年のフランスパビリオンの出展者数は前回より11%増加しています。

フランスパビリオンには、アルザス、ブルゴーニュ、サントル、ペイ・ド・ラ・ロワール、ミディ・ピレネー、ノール=パ・ド・カレ、ピカルディの、フランスの7地域圏が参加します。アルザスおよびブルゴーニュの商工会議所、サントル地域圏推進機構、ならびに4つの産業クラスター(Northern France Rail、Neopolia Rail、MecateamCluster、Mipyrail)は、フランスの鉄道産業の全体像把握に一役買ってくれることでしょう。フランスパビリオンに展示される機器は、インフラストラクチャー、鉄道車両、車両設計、車両搭載電子システム、鉄道車両用機械部品、運行情報および運賃課金システム、公共旅客会社、鉄道試験・エンジニアリングなど、この業界のあらゆるカテゴリーを対象とします。

また、この機会にフランスのセンター・オブ・エクセレンスのひとつであり、世界的な名声を博しているフランスの鉄道業界の確立したノウハウや、フランスの鉄道関連製品を海外向けに紹介するポータルサイト、 (リンク ») をご紹介します。フェール・ド・フランスとの提携により構築されたこの英語版ウェブサイトでは、この産業分野全体をアピールし、外国におけるフランス企業の際だった成果とそれらの企業が参加する主要なイベントを紹介しています。「INNOTRANS」タブをクリックすれば、フランスパビリオンの出展者一覧のほか、各出展者の展示ホールも閲覧できます。また、このウェブサイトはフランスの鉄道関係業者のショーケースとして、海外の発注担当者がフランス企業のプロフィールを選択・参照し、ビジネスマッチング専用スペースを使って相手側担当者に直接コンタクトすることもできます。

フランスの出展者の専門性、技術力、イノベーション能力により、フランスの鉄道産業は国際的に認められており、世界第3位にランクされています。ヨーロッパでは、フランスの鉄道業界は、企業数約1,500社、年間売上高40億ユーロ超(うち、輸出4分の1)となっており、ドイツに次いで第2位を占めています。フランスのイノベーションは、ホール26b、11.2および3.2で披露されます。是非フランスパビリオンにお越しくださり、そのイノベーションを発見してください。

フランス大使館企業振興部-ユビフランス広報室
TEL:03-5798-6127

このプレスリリースの付帯情報

ロゴ フランス

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

在日フランス大使館 貿易投資庁の関連情報

在日フランス大使館 貿易投資庁

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。