紀伊國屋書店、EPUB3で外字のバリアフリーを実現した電子書籍の販売を開始

株式会社紀伊國屋書店 2014年06月25日

From 共同通信PRワイヤー

2014年6月25日

株式会社 紀伊國屋書店

紀伊國屋書店、EPUB3で外字のバリアフリーを実現した電子書籍の販売を開始

 株式会社 紀伊國屋書店(代表取締役社長 高井 昌史)は、多数の外字利用を業界で初めて実現した電子書籍『外字・異体字のバリアフリーを目指して~漢字研究7年の軌跡』(インデックスフォント研究会編集、文字文化協會発行)を、6月25日から、電子書籍サービス「Kinoppy」で販売開始いたします。

『外字・異体字のバリアフリーを目指して~漢字研究7年の軌跡』
(インデックスフォント研究会編集、文字文化協會発行)
販売価格 1,500円(消費税込)

 一般の電子書籍で利用できる文字は、電子書籍端末でテキストデータとして扱える文字の範囲で制限されるため、旧字体の漢字や固有名詞などに出てくる特殊な漢字や国字、変体仮名、甲骨文字などを正確に表現できないことがありました。EPUB3で、編集から出版及び端末での表示まで一環して扱える外字のバリアフリーを実現したことで、印刷書籍版と同等の文字を電子書籍で表現することが出来るようになり、電子書籍で扱える書籍の範囲が広がります。

 電子書籍版の販売は、紀伊國屋書店ウェブストア( (リンク ») )、並びに電子書籍アプリ「Kinoppy」(iPhone/iPad版およびAndroid版)から行います。


※ iPhone、iPad は Apple, Inc. の登録商標です。
※ Android、アンドロイドは Google, Inc.の登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]