JOGMECの南アフリカ共和国白金族プロジェクトでの金属量、約693tに拡大

JOGMEC 2014年06月25日

From Digital PR Platform


 JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:河野博文)は、南アフリカ共和国ブッシュフェルド地域北部で、カナダのプラチナム・グループ・メタルズ社と共同で実施している白金族プロジェクトにおいて、資源量の再評価を行い、プラチナ、パラジウム、ロジウム、金の合計で約693tへの金属量の拡大を確認しました。

 対象地域は、南アフリカ共和国の白金族鉱山地帯であるブッシュフェルド地域の北端に位置しています。この地域には、それまで白金族鉱床が存在するブッシュフェルド岩体は潜在していないと考えられていたため、積極的な調査が行われていませんでしたが、JOGMECはこの地域の有望性を見出し、2009年度にこの探鉱プロジェクトに参入しました。2011年11月にJOGMECはこの地域でブッシュフェルド岩体の存在を初めて確認するとともに、同岩体中に白金族鉱床を発見しました。その後のボーリング調査により、2012年9月に初めて予測鉱物資源量として合計約205tの金属量を報告し、2013年4月に315t、2013年9月に545tと更新・拡大してまいりました。(※過去に実施のニュースリリース参照)

 2013年9月に計算された545tの金属量は地表から深度1,000m までの予測鉱物資源量として計算されましたが、深度1,250mまでの予測鉱物資源量を再計算したところ、プラチナ、パラジウム、ロジウム、金の金属量の合計は693tに拡大しました。これは、本プロジェクトの北に隣接する鉱区にてプラチナム・グループ・メタルズ社が別途実施中の探鉱案件で計算された深度1,250m までの予測鉱物資源量に合わせて再計算されたものであり、計算に用いたボーリング・データに変更はありませんが、追加分析の結果、新たにロジウムの分析品位が追加されています。

 本プロジェクトは、2014年2月に南アフリカのエンジニアリング会社により予備的経済評価(PEA:Preliminary Economic Assessment)がまとめられ、採掘法、選鉱法、社会・環境対策、経済性などの初期的評価が明らかになりました。この結果を受け本プロジェクトは現在プレF/S を作成中です。JOGMECは今後とも我が国企業が直接関与する金属鉱山開発の促進に貢献してまいります。
  

        
           
→ 詳細を読む
(リンク »)
  
   

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]