COI-T「感性に基づく個別化循環型社会の創造」シンポジウム「創造的生活者」を7月11日(金)に開催

明治大学 2014年06月26日

From 共同通信PRワイヤー

2014年6月26日

学校法人 明治大学

ものづくり社会の未来が見えてくる!
COI-T「感性に基づく個別化循環型社会の創造」シンポジウム    
「創造的生活者」を7月11日(金)に開催

 明治大学が中核機関として、文部科学省と科学技術振興機構による大型産学連携事業「革新的イノベーション創出プログラム」(Center of Innovation=COI)のCOI-T(トライアル)として採択された、慶應義塾大学、関西学院大学、山形大学と連携し推進する研究プロジェクト「感性に基づく個別化循環型社会の創造」では、7月11日(金)、駿河台キャンパスにて、シンポジウム「創造的生活者 Innovation for Creating a Better Life」を開催します。

 本プロジェクトは、人と社会における感性価値の指標化や、3Dプリンタなどに代表されるデジタルファブリケーション技術とを連携させた研究を推進し、これまで大量生産・大量消費社会において受動的消費者であった個人を、心から満足できるものを自ら提案し作って使う「創造的生活者」へと変革させていくことを、産学連携で目指す大型プロジェクトです。

 シンポジウムでは、本プロジェクトの運営リーダーである、荒川薫・明治大学総合数理学部教授司会のもと、新しいムーブメントを支える、研究リーダーの村井純・慶應義塾大学環境情報学部長、エリック・フォン・ヒッペル・マサチューセッツ工科大学教授による講演をはじめ、研究成果や新しいものづくりを実現するための装置やインターフェースを展示します。

【シンポジウム「創造的生活者」概要】
■開催日時:7月11日(金)13:30~17:30
■会場:明治大学 駿河台キャンパス アカデミーコモン(展示:1F/シンポジウム:アカデミーホール)
■参加費:無料 ■定員:700名
■申込方法:インターネットにて無料チケットをお申し込みください。
(リンク »)

【拠点概要】
■拠点名:感性に基づく個別化循環型社会創造拠点
■実施場所:明治大学 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科
■プロジェクトリーダー:(株)ロングフェロー代表取締役社長 松原健二
■研究リーダー:慶應義塾大学 環境情報学部 学部長・教授 村井純
■運営リーダー:明治大学 総合数理学部 教授 荒川薫
■URL : (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]