中国国際航空、CA406便(名古屋-上海) 機内食メニュー刷新

中国国際航空 2014年06月30日

From Digital PR Platform


中国国際航空(CA:エアチャイナ)は、中部国際空港(セントレア)発上海(浦東)経由成都行CA406便の中部-上海間に提供する機内食のメニューを7月1日(火)より刷新します。

新メニューは、1ヵ月ごとに変わる「東海地方グルメラリー」をテーマに考案しています。一例としてビジネスクラスには、飛騨牛入りオムレツや天むすと手羽先揚煮、エコノミークラスには富士宮風焼きそばと地域の名産、特産品を取り入れたこだわりのメニューとなっています。なお、7月のテーマは静岡県で、8月のテーマは三重県、9月のテーマは岐阜県、10月のテーマは愛知県の予定です。

◆各月のメインディッシュ (ビジネスクラスはAまたはBより1種類チョイス)
2014年7月 テーマ:静岡県
ビジネスクラス
A:鶏山葵漬けと野菜の煮物
B:メバルの白幽庵焼き抹茶餡かけ
エコノミークラス
富士宮風焼きそば

2014年8月 テーマ:三重県
ビジネスクラス
A: 伊勢ひじきのキッシュ
B:鯛飯と豆腐田楽
エコノミークラス
豚てき丼

2014年9月 テーマ:岐阜県
ビジネスクラス
A: 飛騨牛入りオムレツ
B:鶏朴葉味噌焼と野菜の煮物
エコノミークラス
飛騨牛コロッケカレー

2014年10月 テーマ:愛知県
ビジネスクラス
A: 名古屋コーチン玉子入りスクランブルエッグ
B:天むすと手羽先揚煮
エコノミークラス
あんかけパスタ

*メニューは予告なく変更される可能性がございます。

中国国際航空では、日ごとからご愛顧いただいているお客様にとって、より魅力あるサービスの提供を目指してまいります。今後ともぜひご期待ください。

中国国際航空(CA:エアチャイナ)とは
中華人民共和国のナショナルフラッグキャリアで、1949年に設立された航空会社(当時社名は 中国民航、のち分社化)。保有機材は、ボーイング機・エアバス機合わせて300機以上を保有し、日本、そして世界各地と中国を結んでいます。1974年9月に東京・大阪に就航。現在では、東京(成田・羽田)、大阪、札幌、仙台、広島、名古屋、福岡、沖縄の8都市と中国を結ぶ路線を運航 しています。スターアライアンスメンバー。
ホームページ:日本 www.airchina.jp 本社 www.airchina,com (中国語・英語)


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]